「おくりびと」 の風景
昨年の9月。
パタパタと仕事へ行く準備をしながら見ていた「めざましテレビ」に
見慣れた山の風景が映っていました。
映画「おくりびと」の特集でした。

秋田と山形にまたがる鳥海山。
別名、出羽富士とも呼ばれる山で、出羽富士というだけあって
堂々とした独立峰なだけに、その姿にはいつも励まされます。

そんな鳥海山をバックにして、本木さんがチェロを奏でる姿。
そして、庄内弁でうたわれるAIさんの歌に、涙が出そうになりました。
なので映画が公開になってすぐに見に行きました。
もう何度も足を運んでいる山居倉庫や、友人の住む町の駅のホーム、
そして雄大な鳥海山がスクリーンには映っていました。

ロケ地となった山形県の庄内には、数年前にblogを通して出会った、
大好きな友人達が住んでいます。
そんな友人達との出会いをきっかけに庄内へ足を運ぶことも増え、
秋田から見る鳥海山と、山形から見る鳥海山、ふたつの美しさを知りました。


アカデミー賞をとってすっかり有名になった「おくりびと」、
物語もそうですが、美しく温かみのある山形の風景も素晴らしい映画です。


c0170417_10352025.jpg
             今年の元旦、天気も良かったので
             初詣は酒田市まで足を延ばしました。
             主人公・大悟の勤めるNKエージェントは
             元割烹料亭だった、趣のあるとても素敵な建物です。
             現在、この建物の中身をロケのセットを再現するという
             工事も進められているそう。周囲の町並みも好き。
             映画を思い出しながら、ロケ地巡りもしてみたいです。


by mitsubachi-38 | 2009-04-15 08:25 | 山形
<< ある日のカップと紅茶 ある日のカップと紅茶 >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38