「おくりびと」の風景 その後
c0170417_2142617.jpg
「おくりびと」ロケ地のひとつ、NKエージェント(旧 割烹・小幡)
今年の元旦に初詣の際に寄った時は、建物の内部に
ロケのセットを再現するという工事をしているとの事でした。
4月に公開になり、ずっと行きたいなぁと思っていたのです。
母もDVDを見たと言うし、一緒に行って来ました ^^ 
内部は見事にNKエージェントが再現されていました!
映画のシーンがよみがえってくるような。。。



c0170417_217598.jpgc0170417_2172698.jpg
        <事務所内の応接セットと「立ち」の字が抜けていた求人広告>


c0170417_21134551.jpgc0170417_21122177.jpg
      <階段を上ると、緑がいっぱいの社長室。ふぐの白子まで再現されてた~!>


c0170417_12495013.jpgc0170417_1250340.jpg
さらに少し歩くと大悟の生まれた町の景色として登場する石畳の道(写真左)や 大悟が社長から呼び出されて行った映画館、「港座」(写真右)も中が公開されていました。これだけでも見応えたっぷり。酒田の町にはロケ地巡りの観光バスもたくさん。映画の力ってすごいなぁって思いました。

 




*  *  *  *  *

そして・・・限られた短時間の中で歩けるロケ地巡りの途中で、
今回とても印象に残ったのが、海向寺というお寺さん。
映画とは直接関係ないのだけど、ここには即身佛が二体祀られているというので
迷いながらも即身堂に入ることを決意。 この目で即身佛を見るのは初めて。ドキドキ。  

お二人の住職は、人々の苦しみを救い願い事をかなえるためには
自らが即身佛となって末代までお姿を残すしかないと考え、
木食修行という厳しい修行に出たのだそう。
お寺の方に説明を聞きながら、合掌。
またひとつ、いろいろな事を考える機会になる、いいお話をきかせていただきました。

「海向寺」で検索すると、このお寺についてのことや即身佛について、知ることができます。
酒田に足を運んだ際には是非、たずねてほしい所です。
by mitsubachi-38 | 2009-07-17 07:49 | 山形
<< 岩手 鈴竹の椀かご C-POINT で。。。あけび... >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38