「エバジャム」の魅力
c0170417_9485171.jpg
ジャム職人のエバさんが作る、その名も 「エバジャム」
エバジャムとは、東京・中央線沿線で開かれる市などで
行商(直接販売)により販売されるジャムのこと。
出盛りの国産果物や野菜を使い、シンプルに煮上げた無添加のジャムです。
(エバさんのブログ等より文章をお借りしました)

雑誌で何度かエバさんの記事を読み、そのページに付箋も付け、
エバジャムを食べるのが私には長いこと憧れでした。
<天然生活のvol.38、vol.54に、エバさんの記事がのっていますよ>
10月の上京で、そんな憧れのジャムに辿り着けただけでも嬉しかったのだけど、
11月の上京で、エバさんご本人にお会いすることができました。 \(^0^)/

c0170417_20495661.jpg
エバさんのご自宅にて、いろいろなお話、そしてジャムを並べての味見。
なんて贅沢な絵なの~!と何度見ても思うこの写真。可愛いっ。
おいしいし可愛いしで、緊張しつつも、テンションがあがりっぱなしの時間でした。
そして季節のジャムから、2つを選ばせていただき
来月、新屋参画屋にて開催の 「小さな雑貨屋さんvol.3」 で
この美味しい幸せのおすそわけをさせていただけることになりましたー。

エバさんのジャムづくりへの思いや、ご本人の雰囲気、ジャムそのものにも
不思議と引き込まれる何かがある気がします。
エバジャムには、楽しい魔法がかけられてるような、私にはそんなジャムです。

選んだ2つのジャムは、紅玉とルバーブのジャム、ライムのマーマレード。
りんごとルバーブの甘酸っぱい組合せも幸せですが、
ライムのマーマレードの大人味も衝撃的!





そうそう、エバさんと秋田の米粉デザート<あさづけ>の話をした時。
エバさんがあさづけにすごく興味津々で、
私もあさづけについてあんなに説明したり語ったのは初めてで、
いつか、おかんの作ったあさづけをエバさんに食べてもらわなくっちゃっ!
と思ったりしたのでしたー。 ビバ、あさづけ!

そしてローストポークにエバさんのジャムをのっけてパンでサンド。
これもずっとやってみたかったの~。 ムフフ~のおいしさだったよ。
エバジャムをお食べの際には是非おためしあれ!
by mitsubachi-38 | 2010-12-10 21:50 | 紅茶屋 みつばち
<< 小さな雑貨店 vol.3 のお知らせ itonowa のジンジャーシロップ >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38