悔しい青空
休みをとって、東へ旅立った朝。 約100キロの一人旅。
なのにね、進むに連れて雪が深くなり (当然よね)、吹雪き、心は「恐怖」の2文字。
ゆっくりいけば大丈夫と言い聞かせて走っていたものの、帰りを思うとやっぱり不安で。
万が一事故おこしたりしたら、いろんな人に迷惑もかけちゃうし
なもんで、苦渋の決断をし、ひきかえしてきました。

そんなわけで、会いたかった人に今日は会えませんでした。


昼近くになると、悔しいほどに晴れた空。くぅ~っ!
でもやっぱり、空は青い方がいい。だからよし。


こんな日もあるさね。
残念だったけど、次の機会に楽しみとっときます。
by mitsubachi-38 | 2010-12-16 23:45 | 日々のこと
<< ひさびさのんびり 七転び八起き >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38