3月7日
ここ数日の間にいろんなことがあって、
楽しいこと、嬉しいこと、疲れること、悩めることがごっちゃで
頭が疲れているのが分かる。

でも、毎年この日(3月7日) になると必ず思い出すことがあり
今の自分のこと、これまでのことを振り返る。

3月7日は、高校の卒業式の日だった。
私にとっては、学生だった最後の日。
友や後輩との別れが寂しくてオイオイ泣いたけど
やっぱり不安よりは期待の方が大きかったあの日。

高校を卒業した歳が18歳。
高校を卒業してから18年。

18年か・・・ いろいろ思うことがありすぎて、これ以上は何も。

そんな3月7日。
レミオロメンの歌 (3月9日) には、ちょっと惜しい、
そんな3月7日。

周りがみんな大人らしい大人になる中、
まだまだ人生模索中の自分をいつも恥ずかしいと思っているけど
そんな私に大先輩がいることを知った。
私も先輩も、いい答えにたどり着けるといいなと思う。

そんな3月7日。

ちょっと泣けることがあって我慢できず会社でこっそりメソメソしてたら、
人が訪ねてきてその状況に少し困ってた様子だった。
私は鼻にティッシュをあてながら対応したけど、恥ずかしかった。

そんな今年の3月7日。
来年の今日は、どんな気持ちで迎えているかな。
by mitsubachi-38 | 2011-03-07 16:22 | 日々のこと
<< 新潟のハンコ屋さんと 3月 >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38