このマークのおはなし
c0170417_16465353.jpg

みつばちの紙袋やプレゼントのタグなどに押されているこのスタンプ。
デザインを新潟の 本間航さん にお願いして作ってもらいました。

もうだいぶ前・・・偶然目に止まったのが本間さんのblog。
なんだろう、この若者~、飾ってないな~、パワーあるな~、
なーんか、いいもの見つけちゃった!ってな感じでblog見てました。

そうしてるうちに、自分だけが知っておくのもったいないって思って
こりゃー まっつん に見てもらおうって思ってお知らせ。
そう、本間さんもまっつんも家業がハンコ屋さんなのね。
ハンコ屋に生まれ育ち、ハンコのお仕事を選択。

で。
本間さんの秘密基地、七尾屋、行ってみたいな~って思いながら
秋田から新潟のハンコ屋さんの日々をのぞく日々 (怪しいか)

そんな日々の中、ひょんな事から本間さんと秋田で顔を合わせることに。
blogでチラリとしか見たことのない若者、
外見は、頭は坊主ということぐらいしかインプットされておらず・・・。
実際に会ったその若者は、背の高い、子どもみたいな笑顔の男子でした。
普段、若い男子とあまり話すこともないので何気に緊張しながらも、
心の中ではその坊主頭をわしわしとなでながら挨拶を交わす。
そして冬空の下歩かせホルモン屋へ。 その時のこと → ■(click!!)

で。
blogに綴られる本間さんの言葉と考え方、実際に会った印象、もろもろ。
じんわりと頭に描いてた、この人に店のマークをお願いしてみたいなぁ、
という思いを形にすることに。

自分ではほんとにぼんやりとしかないイメージ。
お店はこんなお店にしたい、けどコンセプトってほどきっちりしたものもない。
マークのデザインは可愛すぎず、かっこよすぎず。
とにかく、ぼんやりとでも思い描いているものを言葉にして伝える。

そしていくつか提案いただくごとにいろいろな自分の芯に気付き始め、
最終的にはロゴの中央 「みつばち」 の文字は、私自身の字で
作っていただくことにしました。
それも、最初にサラサラと落書きのように書いて送ってたものが
清書なしでそのまんま活かされることに。 本間さんのblogにも→ ■(click!!)
その後、できあがったデザインを念願の秘密基地 「七尾屋」 で
受け取ることができたのが この日

そうしてデザインを受け取り秋田に帰ってきて、
今度はそのデザインを秋田のハンコ娘 まっつん に託しハンコにしてもらい
できあがったわけなのです。
これが、あのマークが紙袋にぺたんとされるまでのお話です。

私の「いつかこんなことしたいな」って思ってることのひとつが
ハンコ屋という家業に自分のスタイルをプラスして進んでいく
2人の若者の作品を「みつばち」で同時に見てもらう個展をすること。
と、この場を借りて告白してみたり。
出会いとつながりを形にできたら、きっともっと楽しいなと思うのです。
by mitsubachi-38 | 2011-07-04 07:43 | みつばち
<< しゅわしゅわっと爽やか! teteria のお茶 >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38