ボタン研究所
先週末、新屋での出張みつばちを終えてから行って来ました、ボタン研究所

今年の春、ガラス作家・こむれみほさんと、陶芸家・石川久美子さんが
本荘で個展を開かれた際に聞いたお話、ボタン研究所。

陶磁器・ガラス・金属・木工 などなど・・・いろいろな分野で活動している作家さんが
各分野のボタンを作って展示をするという、なんとも楽しそうなお話でした。

最初は、紅茶でボタンってどう表現すればいいんだろ~って思いましたが
話を聞きながら想像した、色とりどりのいろんな素材のボタンが並ぶ風景を
そのまま紅茶で・・・と思い、選んだのは、
紅茶に少しだけ烏龍茶がブレンドされ、フルーツと花が優しく香るお茶。
名前はそのまま、「旅するボタン」と名付けました。

会場のココラボラトリーに行ってみると、それはそれは楽しい風景が!
いろんなたくさんの個性豊かなボタンたちが楽しそうに散りばめられていて
ひとつひとつ表情もちがうので、見ていてすごーく楽しいのです。
そんな会場で、みつばちの紅茶も嬉しそうにしていました。
花fe香feさんのお菓子と一緒に並んで、いっそう嬉しそう!

春にこむれさんと石川さんに声をかけていただいてホントよかったです。
ボタンたちは、この後、盛岡→函館→仙台と旅をします。

このblogを見ていてくださる方で、お近くの方がおりましたら
ぜひおでかけくださいましぃ。
by mitsubachi-38 | 2011-11-01 18:38 | 未分類 | Comments(0)
<< ハチ蜜の森キャンドルの安藤さんから 週末のお知らせ その2 >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38