角館へ
c0170417_19402426.jpg

先日、角館に行ってきました。冬の間に、イタヤ職人のお父さんから
「馬と狐を作ってあるから」 と電話をいただいたのですが
なんせひどい雪だったものでなかなか角館へ車を走らせる勇気もなく、
春が待ち遠しかったのですよ、ほんと。でも本荘に比べて雪の多いこと。

さて。約半年ぶりのイタヤのお父さんとお母さんはいつもと変わらぬ笑顔で迎えてくれ、
イタヤ馬とイタヤ狐(夫婦のものと束のもの)もたくさん作っててくれました。
特に夫婦のイタヤ狐は、nid に掲載していただいてからというもの
とても関心をもってもらっていて、問い合わせをいただきあちらこちらに旅立ち、
在庫がない状態だったのです。
それと、お客様から要望の多かった、大きめのイタヤ馬の話をしたら、
となりの部屋から材料と道具を持って来てすぐ作るというじゃありませんかー!
さすが職人!火がついたら早い!!
けど、また来るからゆっくり作ってくださいとお願いをして帰ってきました。
nid もとても喜んでもらい、ウチの店の様子も知ってもらえてよかったです。

そして今日、昨年の春にお願いをしていた木材会社の方から電話をいただき、
近々、イタヤカエデの木を見に行くことになりました。嬉しい連絡。
これで、高齢でなかなか山に入れなくなった・・・というイタヤのお父さんの役に
少しでも立てたら嬉しいです。
イタヤのお父さんとお母さんの暖かい人柄が、私を動かします。
春なのでフットワーク軽く、みつばちはあちこち飛び回るのだぁ。
ただ・・・ 冬の間に蓄えられた、ぽっこりお腹の肉のせいで、
体はちょっと重いかな。悲しいかな、肉・・・ジム行かないと。
by mitsubachi-38 | 2013-03-29 19:48 | 秋田 | Comments(0)
<< バッグ、到着 bag と ブローチ >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38