「白樺の木」展 のこと
c0170417_10272647.jpgc0170417_10273762.jpg

ユーリとビヨルク のユーリさんが作られた白樺かご。
出会いは先月、東京に行った際のこと、小さなビルの一室ででした。

ユーリさんは、スウェ-デン、フィンランド、ロシアで白樺樹皮細工を学び、
日本(北海道)の白樺樹皮の可能性を研究、現在は北海道の白樺樹皮のみを使って
白樺かごの製作をしている女性です。

白樺かごといえば、北欧の工芸品として知っている方もいますよね。
私も、「白樺かごは北欧で作られているもの」とばかり思い込んでいたので
日本の白樺樹皮のみを使ってかごを編んでいるユーリさんの存在を知った日から
ユーリさんと白樺かごのことはずっとこころのすみっこにあって、
でもたくさん作れるものではないということもわかっていたので
私が出会えることはないんだろうなぁってぼんやりと思っていたのです。

昨年の陶器市のときだったかな、益子のスターネットで
ユーリさんの白樺かごの写真のシンプルで素敵なDMを手にしたときも、
いいなぁ、いつか見てみたいなぁと思い、
そのことをスタッフの方と話をしたことを覚えています。

なので、偶然訪ねた東京のビルの一室でユーリさんとユーリさんの白樺かごが
目の前にパッとあらわれたとき、動揺し驚きを隠せませんでした。
そして不思議なことに、ユーリさんと目が合ったとき、
初めて会った気がしなかったのです。
掲載された雑誌やPCの中で見ているから?というだけではないような
なんだかとっても不思議な気持ちでした。

秋田に帰ってきて、ユーリさんのブログ、
ココロつづり。 を改めてじっくりと読みました。
ご本人と直に会ってほんの少しでも話をするとそれをしないのとでは
同じブログを読むのでも、胸に響いてくるものが全然ちがうんだなとは
時々思うことですが、今回の出会いもまさにそうでした。
それだけじゃなく、ユーリさんの編んだかごに触れたことも関係してるかな。
ユーリさんの白樺への深い深い愛情と想いがずんずんと胸に響き、
東京でユーリさんと白樺かごに出会えたことにただはしゃいだ自分を
少し恥ずかしく思いました。
わたしは購入したユーリさんの白樺かごにユーリさんの想いを重ね
その想いと、白樺かごをずっとずっと大事にしようと思いました。

ユーリさんと話をした中で、秋田から偶然今日ここに来たこと、
自分が店をやっているということを伝えました。
ユーリさんからは、「白樺の木」展で春から全国を巡回していることを聞き、
いつか秋田でも展示を・・・と、夢のような話をして帰ってきました。

 ・
 ・
 ・

そして、このことがきっかけで、後日本当にユーリさんからお話をいただき、
来春、秋田で「白樺の木」 展をさせていただくことになりました。
「白樺の木」 展については、この記事の最後に記載しています。
ちょうど今日(5日)からは、北海道の シエスタラボ での企画展、
「ぬくもりの森」 でユーリさんの白樺かごも展示されています。
この企画展には、みつばちとお付き合いのある kikikoko さんも参加され、
ブナの木のオーナメント等の作品を出展されています。
こうゆうつながりにもご縁を感じます。

みつばちでも、私物ですがユーリさんの作った白樺の小さなかごを
ユーリさんの記事が掲載された天然生活と一緒においています。
来春開催される 「白樺の木」 展に想いを馳せて見てくだされば嬉しいです。


(以下、ユーリさんのブログより)

:::::::::::::::::::::::::

「白樺の木」展

白樺の木を愛している。
心から、愛している。

北海道の白樺の木からうまれる美しいカタチ、「白樺の木」展。


ユーリ:白樺かご
平子貴俊:白樺の木の器
工藤和彦:陶器(白樺ホワイトシリーズ)
kaltio.鈴木有紀子:白樺の小枝のろうそく「白樺の雪灯り」

*「白樺の木」展は、春夏秋冬の季節を巡りながら、日本の各地を巡回展示しています。
詳細はコチラにて。

:::::::::::::::::::::::::


こころをなるべく落ち着かせながら書いた文章ですが、
私の表現力で伝わっているかどうか・・・
じつはすごく、とてもドキドキしています。  (みつばち)
そんな私は、春までひっそりと白樺かご貯金をするのです (笑) 
by mitsubachi-38 | 2013-12-05 16:46 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by Cheese at 2013-12-08 22:31 x
ユーリさんのカゴに会えるなんて。。。
いつも札幌の友人の話を聞いていて妄想していました。

私も。。。カゴ貯金始めます??
Commented by mitsubachi-38 at 2013-12-11 22:13
∞ Cheese さん ∞
きっとよろこんでくださるなぁと、Cheese さんの顔が浮かびました。
春が楽しみですね!
<< mimitten展 ④ くまがいのぞみ 個展 GIFT... >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38