ユーリさんのワークショップを終えて
c0170417_13333629.jpg

ユーリさんのワークショップも終わり、きっとこちらももうすぐ梅雨明けです。
夏だ夏だと言ってても、梅雨が明けないと夏って気がしなくて、
だからもうすぐきっと、秋田にも本当の夏がやってきます。

昨年の秋ごろからずっと楽しみにしていたユーリさんのイベント。
5月には 「白樺の木」展 を、そして今回はワークショップでした。
ワークショップではみなさんそれぞれに自分で作った作品を
いとおしそうに眺めていたのが印象的でした。

ワークショップで白樺樹皮のちいさなかごを作ることになったとき、
本当は、もう少し大きなかごを作りたいなって思いました。
けれど、このちいさなかごこそ、白樺かごづくりで基本となるかごと知り
ワークショップを通して参加してくださった皆さんがそれを作るのを見て
ユーリさんが伝えたかったことがわかったように思います。
ユーリさんのブログより、文章をお借りします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このちいさなかごは、白樺かごづくりでいちばん基本となる白樺かごです。
もう随分前のこと、わたしが白樺かごづくりをはじめたころに、
フィンランドの白樺かごをつくっているおじいさんにこう言われたことがあります。
「このかごを1年間、毎日編んだら、見えてくることがあるよ」
その後、何年かしてからのことでしたが、わたしは本当に1年間、
毎日このちいさなかごを編みました。毎日、毎日、ひとつずつ。
同じかごを毎日編むのですから、途中であきてきたこともありました。
けれど、ずっと続けて。そうしていたら、本当にいろんなことが自然と分かってきました。
それは、単に編み方やコツなどではありません。もっと、大切なこと。
だから、白樺かごづくりのワークショップでも、
いちばんにこのかごを編んでほしいと思って、ずっと続けています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


わたしは自分の手ではこのちいさなかごを編んではいないけれど、
ワークショップで皆さんが作るのを見て、ユーリさんの話を聞いて
もう心の底からちいさなかごを編んでいる皆さんがうらやましくて!
だから2日間が終わったあと、わたしもひとつ、ユーリさんが作った
白樺の根っこでフチかがりのされたちいさなかごを選びました。
手のひらで包み込めるほどちいさいかごだけど
手のひらで包み込めるほどちいさいからこそいいな、って思っています。

まーるい口のちいさなかごを毎日手のひらにのせて
気持ちが尖ったときは、まーるい気持ちを思い出す。
歳を重ねれば重ねるほど、かたくなる頭、考えも
ちいさなかごを手のひらにのせて柔軟になるように。
そしてわたしもいつか、わたしの手でこのかごを編みたいな・・・。

一日目のワークショップが終わってから、海を見に行きました。
ユーリさんと、こころちゃんと、私の娘と4人で。
ちょうど夕日が沈む時間で、波も穏やかで
あんなにきれいな赤く染まった景色は久々に見たような。
波打ち際ではしゃぐこころちゃんを見て、こころが洗われました。

ワークショップ前後の数日間、すごく濃い数日間で
ワークショップが終わったいま、少しボーっとしています。
でも夏はこれから。秋田の短い夏を、元気に過ごそうと思います。
30代最後の夏でもあるのでね(笑)
by mitsubachi-38 | 2014-07-24 14:04 | 企画展・ワークショップ | Comments(0)
<< 新しい作家さん ユーリさんの白樺かご 展示販売... >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38
about みつばち
営業時間10:30-17:30
定休日:水曜日
※臨時休業はブログで
お知らせいたします。

〒015-0843 秋田県
由利本荘市東梵天67-1
tel/fax 0184-23-2055

web shopは こちら
カテゴリ
全体
みつばち
店の場所・問い合わせ
38 暮らしの道具・かご
38 雑貨
38 器
38 紅茶
38 おいしいもの
38 服
企画展・ワークショップ
お知らせ
日々のこと
お茶の時間
紅茶屋 みつばち
開店までのこととか
秋田
青森
岩手
宮城
山形
福島
東京
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
検索
記事ランキング
ブログジャンル