かごづくりを見て。
c0170417_8103758.jpg

c0170417_8103321.jpg

かごを持つようになり、作る工程にも興味を持つようになりました。
わたしの 「日本のかご」 デビューはアケビのかご。5年前のこと。
それから、山葡萄、クルミ、イタヤカエデ、白樺、竹、またたび etc ...
いろんな素材の日本のかごに出会いました。

きれいに編まれたものも素敵だけど、ちょっと味のあるものもいいなと思う。
作り手の仕事が目に見えるような気がするから。あたたかさも。
嬉しいなと思うのが、かごを持っていると同じようなかご好きの方に
声をかけられ話がはずむこと。わりと年上の方が多いように思う。

先日おじゃました、かごを編んで40年というお母さんの手わざもまた、
力強く美しいものでした。そしてやっぱりあたたかかったです。
自ら山にはいり、材料をいただき、編める状態にしてからやっと編める。
考えるとすごいことだなと、あらためてこの日は思いました。
なんかちょっと、今までただ 「かご好き!」 って言ってた自分が恥ずかしくなり...

お母さんのあたたかい気持ちと力強さを、私も。
そう思ったら、なにか変わりそうな気がして、
それからの日々を穏やかな気持ちで過ごしてるなと思います。
by mitsubachi-38 | 2014-12-19 13:28 | 日々のこと | Comments(0)
<< 山葡萄のかごと、くるみのかご りんごとあけび >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38