新しい作家さんです
c0170417_13422281.jpg
新しくお付き合いをさせていただきます作家さんのご紹介です。
齋藤智祥(さいとうともゆき)さん。
神奈川の湯河原で作陶をされていますが、実は由利本荘市出身です。
そしてわたし、小中学のとき、同じ部活の先輩後輩でした。
小学生の頃は、春休みの部活後に、駄菓子の練り飴をねりねりしながら
みんなでよく裏山を探検していた記憶が強く、
中学生の頃は、練習(吹奏楽)もせず、音楽室のとなりの部屋で
お菓子を食べたりおしゃべりばかりしてた記憶が強く・・・
楽しい記憶が多いです。(食べ物の記憶が多いですが)

中学を卒業してからは疎遠になっていましたが、こうして25年ぶりのご縁があり、
陶芸家となった彼の作品を紹介させてもらえることが不思議な感じです。

c0170417_13412223.jpg
上で苺をのせていた粉引の丸皿。
少し深さがあり、果物やおしんこ、スープ皿としてもいいな、と思います。
お餅やお団子もよいそうですよ。(お餅、想像だけで美味しそう!)

c0170417_13412920.jpg
こちらは灰釉飯碗。
つるりとしていて、青がかったきれいな色みをしていますが、
粉引のお皿と釉薬が同じなんだそうです。
同じ釉薬でも、土や焼き方でちがった表情を見せるんですね。
by mitsubachi-38 | 2015-06-02 15:46 | 38 器 | Comments(2)
Commented at 2015-06-03 05:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mitsubachi-38 at 2015-06-04 14:55
∞ 鍵コメントOさま ∞
こんにちは、コメントありがとうございます!
お友達だったのですね~!
わたし、小中学生の頃、彼を「ちゃん」付けで呼んでたので、
今「さん」付けで呼ぶのもちょっと照れくさく
作り手さんに向かって昔のように呼んでしまいます・・・。
本人、いやがってるかなぁ(笑)
まさか大人になって、こんなふうに再会するなんて想像もしませんでしたが
わたしも店をがんばろう!って思えます。
今度器見に来てくださいね!
<< ハニーサックル 5/28 (木) の営業時間について >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38