布ナプキン、入荷しました
c0170417_12035932.jpg

nunonapu runa さんが布ナプキンを届けてくださいました。
1月に4人目のお子さんを出産なさって超多忙であろう生活の中で
こうして布ナプキンを作ってくださり、嬉しい限りです! スーパーママ!!
nunonapu runa さんには、admi の生地を利用して
布ナプキンを作っていただいています。
可愛いので、使うのがね、楽しいんです!
たかがナプキンて思うでしょ?でも、されどナプキンです。

さて布ナプキン。
わたし、使い初めて何か月になったかな。
最近、その効果を実感できていて、とても嬉しいです。





まず生理痛。
昔からひどかったのですが、体が布ナプキンに慣れてきたのか、
それともたまたまなのか、前回の生理はいつもみたいにひどくなく。
たまたまかどうかは次回の生理に期待。

そして日数。
これもダラダラと一週間ぐらいつづいていたのに、前回は短期間で終わり。
日数が短くなるとは聞いていたけれど、まさか自分にその日がやってくるなんて。
と、これも次回にも期待。

それから夜。
夜だけは、布ナプキンの漏れが不安で使えず市販のものに頼っていて、
でもなんだかそれも自分で納得できずにいて。
そんな時、あるお客様に、夜の布ナプキンこそ絶対に後漏れしない!
と聞き、半信半疑で夜も布ナプキンにトライ。
そしたらこれも不思議なことに快適で(個人差はあると思いますが)。
眠っている間はほんとは出血はしないんだよ、と聞いていたのも実感できて。
目を覚ましたとたんに出血したのが分かるという不思議体験。
いや。ほんとはこれが自然なのかもしれない。

今までは高分子吸収材を使ってる紙ナプキンに
なんの疑いも迷いもなく頼っていたのだけど(当たり前の事と思ってたので)、
それに頼らなくなったことで生理の出血を自然に意識するようになったんですね。
ナプキンなんて便利なものがなかった時代の女性たちは
出血もコントロールできていた、と聞いたときはびっくりしたんだけど、
トイレで血を排出するということが、なんとなく、なんとな~くだけど
感覚的に分かった日があって、これには自分新発見!な気分でした。

なんでもそうだけど、ものごとを始めるにはタイミングというものがあって、
どんなに人に勧められても、自分が興味を持たなければ
「へー」 とか 「ふーん」 とか、わたしはそんな感じなのだけど。
それにあまり勧められるとちょっと後ずさりもしちゃうしね。

わたしは nunonapu runa さんがきっかけで始めた布ナプキンですが
いいものに出会えたなぁと思います。
生理に対しての嫌悪感もなくなって、自分の身体と向き合えている気がします。
とはいえ、生理の間すべてを布ナプキンで過ごすのはいろいろな意味で大変。
高分子吸収材を使用しないケミカルナプキンと布ナプキンを使い分けて
ストレスのない日々を過ごすのが良しと思います。

女性にとってはデリケートな事なので、こうして生理の事を記すのは
けっこうな勇気もいるのですが・・・でも大事なことですよね。
参考にしていただければ何よりです。
by mitsubachi-38 | 2016-04-09 12:03 | 38 雑貨 | Comments(0)
<< 今後の予定 小沢賢一さん >>



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38