カテゴリ:宮城( 7 )
岩出山と鳴子
c0170417_16010067.jpg

定休日の昨日、宮城県大崎市に行ってきました。
目的は、感覚ミュージアムと竹細工の仕入れと、鳴子でこけし。
感覚ミュージアム、5年前の夏に一度、子連れで行ったことがあり、
ここは大人が癒されるのにいいなぁって思ってたので
ずっと、もう一度ゆっくり行きたいと思ってたところ。
許されるのなら、眠ってしまいたくなる、癒しのミュージアムです。

写真は鳴子の郵便局。
鳴子の硫黄の泉質が大好きなわたしとしては、できれば足湯だけでも~
なんて思っていたけれど、昨日の暑さではとてもとてもそれどころではなく。
栗団子も温泉卵も食べる気にならない暑さでした。
けど、いろんな工房のこけしを見ながらの町散策は楽しかったです。

岩出山では少しですが、米とぎざると目かごを仕入れてきました。
宮城の竹細工、岩手の竹細工、季節的によく出ます。
毎日の暮らしに、少しずつこういった手仕事のものを取り入れてくださる
若いお客様も増えてきたことが、とても嬉しい今日このごろです。


c0170417_1649653.jpg

今日のお昼は、ひとつぶ堂(岩出山)のパン。
レモンのパン、爽やかでおいしかったー!
でもさすがにパンひとつじゃお腹空くね。
いま、間もなく17時・・・
お腹グーグーなってます。

by mitsubachi-38 | 2015-07-30 16:51 | 宮城 | Comments(0)
つむぎさんと、わののわ
仙台の 「つむぎ」 さん。
震災後、お店を休まれていましたが、今日、再開です。

よかったぁ・・・!


再開の知らせをもらい、最初の感想でした。
被災者でない私たちでさえ、立ち止まってしまうようなぐるぐると渦巻く気持ち。
仙台に住むkayoさんはその何倍もいろんな事で悩み
そして今にいたっているのだと思います。
きっと、まだまだ心の中で考えることもあるんだろうな・・・。

でも、一歩を踏み出したその気持ちが
そしてkayoさんの立つ 「つむぎ」 という空間が
誰かの支えや心のよりどころになるんじゃないかなって思います。
そしてそして、kayoさんも参加する仙台でのイベントのお知らせです。
 

*************************************************

杜の都の「うつわのチカラのわ(わののわ)」 HP (click!!)
2011.6.18(土)、19(日)
10:00-17:00(最終日は16:00まで)

ベルギー菓子・天然酵母パンの店
コマドさん(店舗予定地)にて開催


*************************************************


「つむぎ」 さんのblogでも詳細見れますがほんとに素敵な企画です。
うつわのチカラは、私自信もよく感じます。
誰かへのプレゼントももちろん素敵ですが、
自分のための器を選んでいる時の様子っていうのは
見ているこちらもとても嬉しくなるのです!

自分へのご褒美、自分への誕生日プレゼント、
そんな言い訳で私もよく器を選びますからね (笑)

おっと、話がそれてしまいましたが、
きっと今日の 「つむぎ」 さんには、笑顔があふれることと思います。
もしかしたら涙もかな・・・。
でも、少しずつ、一人ずつでも気持ちが前向きになることを願ってます。

kayoさん、夏には会おうね!
会いにゆくよ~。
by mitsubachi-38 | 2011-06-09 07:13 | 宮城
宮城への旅 ~ ④ 鳴子に寄り道
c0170417_9101956.jpg二日目。

仙台からの帰り道、旅の終わりは鳴子のこけし。
日本こけし館へ寄り道。 で、記念撮影→(私の母と娘)

たくさんのこけしを見てから旅の記念にと
マトリョーシカのようなこけしちゃん達を選びました。
プチサイズの5人(?!)のこけしが並んでてcute !!
母はこけしのペン立てを迷ってたので激しく薦めたその訳は...
いつか譲ってもらおうと思ってだったりして~ いひひ!
後日、実家でさっそく使われてたペン立て発見。 可愛かったぁ。
50円で購入できる、鳴子こけし工房めぐりmapもオススメ。
楽しい旅のしめくくりとなりました。今度は温泉も... 。


* 今回、岩出山では、かごをたくさん仕入れてきました。
 米研ぎザルをはじめ、盆ザルや手つきのカゴなど、まずは11月の 「いろは」 で。
 カゴというと涼しげで夏のイメージが強いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが
 台所道具としてはもちろん、四季を問わずに1年中使えるものと思います。
 米研ぎザル、母は早速使用を始めたようでとってもいいよ~とのことなので、
 私も今晩から使ってみます!新米出るのも楽しみ2倍♪

by mitsubachi-38 | 2010-09-02 07:56 | 宮城
宮城への旅 ~ ③ 憧れの場所と、仙台
kayoさんとサヨナラしたあとは、ずぅっと憧れ続けてきた、
ノートルシャンブル へ向かいました。
ナビさまさまで、kayoさんのおうちからも迷うことなくスイスイと到着~♪

ノートルシャンブルの存在を知ってから何年経っただろうか。
webshopから紅茶を買ったことはあったものの、
いつか行きたい・・・ここでお茶したい・・・と思っていた場所でした。

店内は満席で、順番を待つことしばし。
たくさんの紅茶缶が並び、紅茶のいい香りが立ちこめる店内。
スタッフの方々の対応、こちらでもまた感動。


c0170417_1648854.jpgc0170417_16482954.jpg
そば粉のガレットやクレープ、そして紅茶... おいしかったなぁ。
帰りに、紅茶の香りをかがせていただき、数種類の茶葉を買ってきました。


ホテルへチェックインのあとも、夕食までの時間、
行きたかった雑貨屋さん( )や古道具やさんへ。
古道具やさんでは、イスや小引出しなど欲しかったのですが
車に入りきらないと思ったのであきらめました・・・また伺いたいです。

暑さと、運転と、歩き疲れで、クタクタになった一日だったけど、
とっても充実した一日でした。
by mitsubachi-38 | 2010-09-01 07:40 | 宮城
宮城への旅 ~ ② 「つむぎ」さん
岩出山での用事をはたし向かった先は仙台市泉区。
9月に「つむぎ」という、器と暮らしの道具のお店をopenする、kayoさんのお宅へ。
実はkayoさんとは最近知り合ったばかりで、会うのも初めて!
でも嬉しいご縁でおじゃまさせていただく事になりました ^-^


<つむぎ tumugi サン>
c0170417_16445353.jpgc0170417_16451281.jpg
可愛いお嬢ちゃまに出迎えられ、kayoさんとはじめまして!! のご対面。
どんな方かなぁとドキドキしていたのですが、
ナチュラルな雰囲気で、笑顔がとっても素敵な方でした。
そして主に旦那さまがコツコツと手がけてくださったという店内には
kayoさんの「好き」がギュギュっと詰まった品揃え。
作家さんの器や、手仕事の道具。
その素敵な空間に、母と私、ただただ感動。
写真ではうまく伝えきれないのがもどかしいです...

もうすぐopenを迎えるkayoさんは
「不安なことがいっぱいで・・・」 と言っていましたが、
kayoさんのお人柄といい、お店の雰囲気といい、とっても心地よくて
こんなお店が近くにあったら、きっと私は「また来たの?」と言われるぐらい
おじゃましてしまうかもしれない。 openがとっても楽しみです。


kayoさん、素敵な出逢いに感謝です!
ありがとうございました。
そしてこれからもどうぞよろしくおねがいします ^^ ♪
by mitsubachi-38 | 2010-08-31 17:51 | 宮城
宮城への旅 ~ ① 岩出山
宮城県へ行ってきました。

ずっと行きたいと思っていたところ、3月に娘の部活で仙台へ行った際は
近くまで行きながらも団体行動だったので、涙を飲んでリベンジを誓ったのでした。
岩出山の竹細工も、もっとたくさんのものを手にとってみたかったので
夏になったらもう一度!と思っていたのです。

他にも、今回は思いがけない素敵なご縁があり、
胸がいっぱいになる仙台の旅でした。

一日目 ...

c0170417_16381257.jpg

宮城県大崎市岩出山へ行きました。
竹工芸館では職人さんが和やかな雰囲気の中、
竹細工をつくっていました。
岩出山の竹細工の代表となる米研ぎザルは
生産が追いつかないほどの人気ぶりだそう...



c0170417_1639663.jpg

同じく岩出山にある、感覚ミュージアム
ここは、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の
『五感』をテーマとするミュージアム。
いくつかのゾーンにわかれていますが
モノローグゾーンが特に癒されました。
もう少し、ゆっくりと居たかった場所。

←ここは鏡の廊下。


by mitsubachi-38 | 2010-08-30 19:37 | 宮城
竹かご
先日、宮城へ行った帰りに、伊達の道の駅で買ったカゴ。

c0170417_13402046.jpg

宮城へは子供の部活の遠征で行ったので、
たくさんの誘惑に涙を飲みながら仙台の街を走りました。
でも、宿泊したホテルのすぐそばに、
行ってみたかったお店を偶然発見して覗いてみたり、
せめて牛タンを食べたい~!と夕食にみんなで牛タン食べたり。
疲れたけれど楽しい週末でした。

+ + +

さて。
カゴを買った伊達の道の駅の事は、親しい友人に聞いていたので
帰りに寄るのを楽しみにしていたのです。
なぜなら、その道の駅がある場所は篠竹細工で有名な岩出山だから。

道の駅内をウロウロすること数分、上のカゴに出会いました。
とっても大きなカゴなのにお値段の安さに驚き話しを聞くと、
「安いから輸入物かとよく聞かれるのだけど、そうではないのよ」 との事。
近くに住む、90代のおばあちゃまが作っているんだそうで
「職人」ではないのだけど、黙っている事ができないから
息子さんが山からとってくる竹でカゴを編んでいらっしゃるとのこと。
職人さんが作るものよりお安い理由はそこ、という事でした。
「黙っていることができない」という働き者の90代のおばあちゃま、
一度お会いしてみたいものです。

道の駅内には、岩出山の職人さんが作った素敵な竹カゴもたくさんありました。
米研ぎザルは迷って今回は見送ったのですが、
竹笊で研いだお米って、すんごく美味しいんだって!
う~!後悔。。。 

でも岩出山には他にも行ってみたいところがまだあるので
夏になったらまた出かけてみたいと思います!
by mitsubachi-38 | 2010-04-05 21:32 | 宮城



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38