カテゴリ:日々のこと( 237 )
曇りのち笑い
楽しい昼休みの終わりに、一緒にご飯を食べていた友人が、
「あー、今日は笑った!」 と言った言葉が嬉しくて
そのおかげで午後を気持ちよく過ごせた。

その後、帽子につなぎでペンキを塗ってるえなり君を見た。
今日もえなり君は笑ってた。

笑いが笑いを引き寄せた金曜の午後。
ブラボー!

c0170417_14514253.jpg

by mitsubachi-38 | 2010-05-21 18:13 | 日々のこと
愛されキャラ
年上なんだけど、年の差を感じさせない知人がいる。
別に子供っぽいとかじゃなく、なんていうんだろう。
憎めないキャラ、愛されキャラ?? ・・・その秘訣はやっぱり笑顔なんだろうなぁ。
なので私は密かに彼を (そう、男性)、えなり君と呼んでいる。
いや、実際背も高くて全然えなり君ではないんだけど、でもえなり君。
たまに出るちょっぴりオネエ系の言葉遣いとかも全然OK (笑)
実年齢を聞く度にビックリするんだけど、「歳の割に若い」ともまた違う、
相手をかまえさせないその雰囲気がなんとも和むのだ。



c0170417_11392294.jpg
きっとこちらも愛されキャラであろう。
<金沢・うら田  起上もなか>
親友が金沢に旅行に行くと言うのでお願いしちゃった。
甲斐みのりさんの「お菓子の旅」 で見て惚れたのさー。
甘さも控えめでとっても美味しい。
もなか達に囲まれていっこだけ入ってる
「加賀八幡起上り」 のお人形さん(右)は、
金沢の伝統工芸品で縁起がいいものらしい。

さぁ、お茶っこ、お茶っこ。
ほうじ茶いれよ~。


by mitsubachi-38 | 2010-05-18 17:41 | 日々のこと
チャーリーとチョコレート工場
が、だーーーーい好き。 (ちょうどテレビでやってます!)

このお話の存在を知ったのは十年ぐらい前。
私が育児書(?!)代わりにもしていた、銀色夏生さんの「つれづれノート」の中で。
銀色さんが海外旅行に行った時にTVでたまたま見た映画が 「夢のチョコレート工場」 で、
「つれづれノート」の中でとても楽しそうに映画の内容を書いていたので
私までどうしようもなくワクワクして図書館に本を借りに行き、
まだ小さかった娘に読んで聞かせた記憶が。
もうとにかく楽しくて、物語の中にどんどん引き込まれて行く。。。
なので数年前にまた映画になると知った時、ものすごく興奮したのを覚えてます。
映画が公開になるのが待ち遠しくて試写会に応募したら当選し、
以来、何度も見ている映画。

そしてこの物語を知るきっかけになった「つれづれノート」は、今も新刊が出るのが楽しみ。
本屋で、そろそろ出てる時期かな~と銀色さんのコーナーをのぞくとあったりする。
詩集ももちろん好き。
by mitsubachi-38 | 2010-05-15 22:03 | 日々のこと
GW始まって
c0170417_1041184.jpg

     自宅の庭で育てたお花をわけてくださる方から
     今日はチューリップをいただきました。
     いつも空き牛乳パックにお花をくださるのですが、
     可愛いコントラストに今日もにんまり。
     
     連休は特に出掛ける予定もないから
     忙しいと怠けていた家の掃除をガンバロー。

by mitsubachi-38 | 2010-04-30 16:13 | 日々のこと
新年度
4月。
周囲はにわかに慌ただしく、
昨日までの面子がガラリと変わる4月1日。
毎年ちょっぴり切ない季節です。

この春、上の子が中3になります。
土日もなく頑張ってきた部活動も残すところあとわずか。
あちこち飛んで歩くことが大好きな私には
少々辛い日々だったけど。。。それも限られた月日のこと。
今はもう、子供が一生懸命頑張ってる姿を楽しむのみ。

それが終わったら、またあちこちへと好きなもの探しに飛び回ろう。


さてさて。
そんな日々ですが、嬉しいお誘いをいただきました。

5月に2日間ですが大好きな紅茶に関わる事ができそう。
あと1ヶ月、時間を上手に使って準備をしたいと思ってます。


このblogをどれだけの方が見てるかは分からないけれど、
興味をもってくれたら嬉しいです。

詳細はまた後ほど。。。
by mitsubachi-38 | 2010-04-01 22:57 | 日々のこと
北欧のカップ&ソーサー
東北と北欧の手工芸品には通ずるものがあると
よく見聞きするようになりました。
ずっと秋田で暮らしてきた私には、なんだか嬉しい^^

映画館で「かもめ食堂」を見てから、北欧の食器に興味を持ち始め、
以来、少しずつ集めているカップ&ソーサー。 もちろん和食器もダイスキ!!
紅茶の、いろいろな香りやアレンジが好きでよく飲んでいるのもあり、
いつの日か、自分の好きなものが詰まった空間の中に
小さくとも、お茶を楽しめる場所を作るのが私の夢です。
そんな夢の積み重ねのひとつが、このカップ&ソーサー。

今の私は、まだまだ自分探しの旅の途中。
夢が叶う日が来るのか来ないのか、私にもわかりませんが
人との出会い、つながりを楽しみながら
キラキラの宝物を探していこうと思っています。


c0170417_17393333.jpg
眺めていると、ほっと和むカップたち。
楽しい気分の時、シャンとした気分の時、
ちょっと寂しい気分の時・・・それぞれ選ぶカップも違う。
そんないろんな表情を持った北欧のカップたちも
少しずつ紹介していこうと思います。


by mitsubachi-38 | 2009-04-06 17:44 | 日々のこと
このblogのこと
もう、ずいぶんと前に取得していたこのblogのID。
けれどなかなか始めるきっかけがつかめずにいました。

自分の好きな事をつづるだけもいいけれど
そこをひとつ、何かに絞って発信してみたい。
でも、そこが何かはっきりせず、モヤモヤしたまんまでした。

そんな私がこのblogを始めようと思ったきっかけは、
つい先日、地元の廃校になった木造校舎で行われた
蜜ロウソクづくりのイベントのお手伝いをさせていただいてからです。

その時の講師をしてくださった安藤さんは、山形県朝日町にある
ハチ蜜の森キャンドル」で20年前から蜜ロウキャンドルを製造しています。

以前、友人にいただいた蜜ロウキャンドルに興味を持った私は、
実際に朝日町へ行ってみたいと思い、昨年夏に家族で訪れました。
安藤さんがキャンドルを製造されている工房で蜜ロウキャンドルを作り、
翌日は、安藤さんが実行委員長をつとめる「白い紙ひこうき大会」に参加し
とても優しい気持ちになって帰ってきました。


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 


今回、蜜ロウソクづくりの体験講座をすることになった場所は
今は廃校となってしまった地元の小学校。(旧鮎川小
私は図書室をお借りして、喫茶コーナーをやらせていただきました。
蜜ロウソクづくりに来る方たちに、安藤さんのご実家、さくら養蜂苑のハチミツを
たっぷりと入れて温かい紅茶を飲んでほしいなと思ったからです。

そして、安藤さんと色々なお話をさせていただいた中で、
自分の住む東北のことを、もっといろいろな面で伝えていき
いずれなんらかの形にすることができたらと思い、
このblogをはじめることにしました。


様々なメディアで有名になっているところやものだけではなく、
自分の目で見て素敵だと思ったものや風景も
これまでの記憶をたどり、切り抜きながら
ゆっくりと綴っていけたらなと思います。

昨年訪れた朝日町の事も、また後ほど、書きたいと思います。

喫茶室の様子 (click!!)
by mitsubachi-38 | 2009-03-25 17:10 | 日々のこと



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38