カテゴリ:秋田( 33 )
雪景色とシュトーレン
昨日の休日、伸びていた髪を切ってスッキリし、一人フラフラと彷徨っていたら
友人と会い、ドライブがてら、大内の いときんへ。
女二人で昼間っからホルモン定食を食べまして、
となりの精肉部(言い方合ってるのかな)で夕飯用のお肉を買います。
わたし、レバーのモソモソ感が苦手なのですが、こちらのレバーは美味しいのです。
あと、ホルモンのタレに漬けこんだ、ハラミ・ハツ・タンもとサガリのミックスが好き。
わたしはフライパンで、玉ねぎやキャベツと一緒に、ジューと炒め煮します。

c0170417_11433497.jpg
ご飯食べてお肉買って、冒険がてら滝温泉(現在閉鎖してます)経由で東由利へ。
道路の脇は雪、昨日は天気がよくて、空の青と雪の白が眩しかった!
冬の木々のもの悲しさも、これはこれで好きです。

c0170417_11433479.jpg
この冬初めて、間近で雪景色をみたせいか、夜、白に包まれたこの子に、
我慢ができず、つい、手を出してしまいました・・・。
お客さまには 「寝かせてください」 なんて言っといてこれだもの。

優しかった。
ちょっとずつ食べるっていうのがなんとなくだけど、わかったような、
そんな優しさでした。
by mitsubachi-38 | 2015-12-10 13:00 | 秋田 | Comments(0)
上小阿仁村へ
c0170417_11333307.jpg
KAMIKOANI PROJECT AKITA 2015 に連れていってもらいました。
4年目の開催となるこのイベント、わたしは初めて。
今年で一区切りとなるらしいので、天気予報は傘マークだったけどGO!

More
by mitsubachi-38 | 2015-09-03 12:40 | 秋田 | Comments(0)
ひのめ市、ありがとうございました
c0170417_16255008.jpg

一昨日、男鹿の船川で開催された、ひのめ市に参加出店させていただきました。
当店とお付き合いのあります男鹿発ブランド Own GArment products の
船木さんに声をかけていただいての参加でした。

このところ、娘の部活の都合やら何やらと、カレンダーとにらめっこして
どうしようどうしようとイベントへの参加は慎重な方だったのですが
そんなわたしにしては珍しく、即参加の返事をした ひのめ市。
とても心地よく、楽しい一日を過ごさせていただきました。
船木さんやひのめ市に関わる男鹿の方々のあたたかいお人柄と
笑顔が魅力のひのめ市でした。

男鹿のお客様から 「どこから来たの」 と聞かれ由利本荘ですと答えると
「遠くからありがとうね」 「男鹿にまた来てやってね」 など言ってくださるのですが
ありがとうというのはこちらの台詞です~!

そしていつもみつばちに来てくださるお客様にも、遠くから足を運んでいただき
本当にありがとうございました。

船木さんが、のんびり楽しんでください~なんて言うので、
もうお客さんになったつもりで食べ歩くぞー!なんてワクワクして行ったのに
どんどんたくさんの人が来てみつばちブースものぞいてくださり
パンもコロッケもメンチカツも、自分たちでは買うことができず
差し入れでお客さまからいただいたりしておいしく過ごしてました。
近々、フクシマさんにお惣菜買いに行きたいー!
で、寒風山で景色を楽しみながら食べるのがいいと思います。

男鹿の皆様、ひのめ市スタッフの皆様、ご来場いただいた皆様、
すてきな熱い一日をありがとうございました。

わたしもまた、由利本荘でがんばります。
大きいことはできないけど、静かにがんばります!

写真は寒風山から。
帰りに寄りました。
山と海と空と緑。
大好き。

知らない秋田がまだいっぱい!
by mitsubachi-38 | 2015-07-14 16:56 | 秋田 | Comments(2)
猫間珈琲さん
c0170417_21472013.jpg

友人のお兄さんが珈琲屋さんをOPENしました。
場所は象潟の道の駅、「ねむの丘」の中にあります。
お店の名前は、「猫間珈琲」 さん。
パッと明るいオレンジ色の壁と、店主(マスター?)の風貌がぴったり!
友人からは、昔から 「こだわり屋の兄がいる」 とよく聞いていまして
「こだわり」 の行きついた場所がコーヒーだったのかな、というのはわたしの想像。
ですが、こだわっているだけあって、普段はあまりコーヒーを飲まないわたしでも
「おいしい!」と感じる、とても飲みやすいコーヒーをいただきました。

ピッカピカの焙煎機やなにやらすごいコーヒーミル、
コーヒーを丁寧に淹れるその動作まで、立ち上がって身を乗り出して見てました。
芸術だなーなんて思いながら。

そして、カウンターのみのこじんまりとしたお店ですが居心地よくてね、
よくみつばちに来てくださった方が「居心地いいね」って言ってくださると
お世辞でも嬉しいなーなんて思うのですが、
もしかして、こうゆう気持ちでいてくれるのかな、って思って嬉しくなりました。

猫間珈琲さん、また行きます!
今度は母 「も」 連れて~!
by mitsubachi-38 | 2015-01-08 14:53 | 秋田 | Comments(0)
ありがとう
c0170417_1353460.jpg

画像ではこの大きさが伝わりにくいかもしれませんが
このお馬さん、超特大なんです!
先日、急に角館のイタヤ細工職人さんのお父さんのところに行くことになり
帰り際にいただいてきたものです。 (非売品です、あしからず)

この日、何をしに角館に行ったかというと。
このblogにも何度か書きましたが、御歳75歳のイタヤ細工職人さん、
歳とともに山に入るのが容易ではなくなり、困っていました。
イタヤのかごにしても、狐さんやお馬さんにしても素晴らしい腕の持ち主です。
材料さえあればなぁ・・・ といつも言っていました。
そこで私でできることならば!と知人を通して紹介してもらった木材業者のSさんに
理由を話し、イタヤカエデの木をわけてほしいとお願いをしていました。
そして先月、Sさんから電話をもらい、木を分けていただくことができたのです。

そんなわけで、イタヤカエデの木をゴロゴロと車に積んで角館に行ったのですが
残念ながら、分けていただいた木はイタヤ細工に適すものではありませんでした。
これは私に問題があり、木そのもののことをよく理解していなかったのが原因。
Sさんにもイタヤ細工職人のお父さんにもイタヤカエデの木にも・・・ ごめんなさい。
でも、無駄なことは何ひとつなく、人と人とのつながり、温かさに感謝した出来事でした。
こんなどこの馬の骨かもわからない小娘の願いを受け入れてくれ
イタヤカエデの木を分けてくださったSさん、
「こうゆう木だよ」 と見本をくれた職人お父さん、
ありがとうございます。特大イタヤ馬は、みつばちの宝にします。

そして先日、木材業者のSさんが店に来てくれました。
角館のお父さんからもらってきた木の見本を見て、また気をつけて山を見てくれるって!
そうして、夫婦のイタヤ狐を購入してくれました。嬉しかったなぁ。
イタヤ細工に適する木は、時期もあるし木肌の表情、木の年齢など、
いろんな条件があるということ。また、その年の気候によっても左右されること。
イタヤ職人のお父さんの言う、「やさしい肌の木」 という言葉とその表情が
私の心に焼き付いています。できることなら、少しでも多く、職人お父さんが作る
イタヤ細工をいろんな人に見て触れて使ってほしいと思うのです。
by mitsubachi-38 | 2013-05-12 22:06 | 秋田 | Comments(4)
角館へ
c0170417_19402426.jpg

先日、角館に行ってきました。冬の間に、イタヤ職人のお父さんから
「馬と狐を作ってあるから」 と電話をいただいたのですが
なんせひどい雪だったものでなかなか角館へ車を走らせる勇気もなく、
春が待ち遠しかったのですよ、ほんと。でも本荘に比べて雪の多いこと。

さて。約半年ぶりのイタヤのお父さんとお母さんはいつもと変わらぬ笑顔で迎えてくれ、
イタヤ馬とイタヤ狐(夫婦のものと束のもの)もたくさん作っててくれました。
特に夫婦のイタヤ狐は、nid に掲載していただいてからというもの
とても関心をもってもらっていて、問い合わせをいただきあちらこちらに旅立ち、
在庫がない状態だったのです。
それと、お客様から要望の多かった、大きめのイタヤ馬の話をしたら、
となりの部屋から材料と道具を持って来てすぐ作るというじゃありませんかー!
さすが職人!火がついたら早い!!
けど、また来るからゆっくり作ってくださいとお願いをして帰ってきました。
nid もとても喜んでもらい、ウチの店の様子も知ってもらえてよかったです。

そして今日、昨年の春にお願いをしていた木材会社の方から電話をいただき、
近々、イタヤカエデの木を見に行くことになりました。嬉しい連絡。
これで、高齢でなかなか山に入れなくなった・・・というイタヤのお父さんの役に
少しでも立てたら嬉しいです。
イタヤのお父さんとお母さんの暖かい人柄が、私を動かします。
春なのでフットワーク軽く、みつばちはあちこち飛び回るのだぁ。
ただ・・・ 冬の間に蓄えられた、ぽっこりお腹の肉のせいで、
体はちょっと重いかな。悲しいかな、肉・・・ジム行かないと。
by mitsubachi-38 | 2013-03-29 19:48 | 秋田 | Comments(0)
大館 中野地区の彼岸花づくり
c0170417_12312651.jpg
大館の彼岸花に興味を持ったのは2年前
大館に嫁いだ友人にその話をすると、なんと嫁ぎ先のおばあちゃんが
彼岸花作りに携わっているとのことで、いつか見学に行ってみたいと思っていました。
昨年はタイミングを逃し、「来年はきっと」 なんて話をして一年。
念願の彼岸花作りの見学に行ってきました。

朝6時台の電車で大館へ。大雪で電車に遅れがあったけどなんとか無事到着。
そして大館駅に迎えに来てくれた友人の車に乗り、中野地区に向かいます。
途中、友人の嫁ぎ先のご実家に寄り、いろいろと連絡をとってくださったお母様に挨拶を。
そして、お母様も一緒に彼岸花作りの場所へ行ってくださるとのこと、心強かった!!

彼岸花作りの過程は↓(More) からどうぞ~♪

More
by mitsubachi-38 | 2013-01-23 17:22 | 秋田 | Comments(6)
県北へ
c0170417_11522282.jpgc0170417_11524155.jpgc0170417_11525778.jpg
先週はお休みをいただき申し訳ありませんでした。今週は元気にOPEN予定です。
とある寒い寒い日・・・列車に乗って大館市へ行ってきました。
県北で毎年この時期に作られている、木の彼岸花づくりの見学に。
これからその様子をUPして、じっくりお知らせしたいと思います!

画像
① アメッコ市が近い大館では、市内のいたるところにアメの花が咲いてました。
② 大館のアーケード街で大学芋を作って売ってるおばあちゃんがいました。
③ 小坂町のハチミツはお土産にいただきました。ハチミツ大好きなので嬉しい!
by mitsubachi-38 | 2013-01-23 16:20 | 秋田 | Comments(0)
イタヤ馬とイタヤ狐のこと
c0170417_15165872.jpg
先日、blogで当店のことを知った県外の方より
イタヤ狐を送ってほしい旨のお電話をいただきました。
イタヤ馬のお問い合わせは時々あるものの、
イタヤ狐はあまり知られていないのか、珍しいなと思いました。
そしてその方はお送りしたイタヤ狐(夫婦)を大変喜んでくださり、
とても心のこもったメールをくださり、私もとても嬉しかったのです。

そこで、イタヤ細工の作り手のお父さんに以前見せていただいた、
「角館誌」という本で知った事をここに書き留めようと思います。
興味のある方は読んでくださいね。

イタヤ狐とイタヤ馬のこと。その本によると... (click!!)
by mitsubachi-38 | 2012-11-15 19:17 | 秋田 | Comments(0)
秋田のはちみつ (小松養蜂場)
「小松養蜂さんで蜂蜜を買ってきたので、エバジャムと一緒に包装してほしいのですが」

少し前に、お客様よりこんなご依頼を受けました。
小松養蜂さんというのは、由利本荘市にある、私も大好きな蜂蜜屋さんです。
小松さんの蜂蜜は本当においしい。本荘の自慢、秋田の自慢の逸品だと思います。
「もうすぐ今年の新蜜が並ぶそうですよ」 とお客様に聞いていたので
昨日、仕事帰りに行ってきました。

たくさんの新蜜が並んでいましたよー。
小松さんの蜂蜜は、100%秋田県産です。
中でも珍しいなと思ったのが、玄圃梨(けんぽなし)の蜂蜜。
玄圃梨の蜂蜜って聞き慣れないのですが、お店の方の話によると
市場には出回ることが少ないらしく、このあと3年は採れないらしいー。
そんな貴重な珍しい蜂蜜、今回は贈り物にと購入しました。


c0170417_10293551.jpg
←こちらは我が家用に購入したアカシアの蜂蜜。
1kg (瓶入り) のを買って、母と半分こです。
蜂蜜用のピッチャーも売ってるんですよー。

蜂蜜といえば、山形の 「ハチ蜜の森キャンドル」 安藤さんのご実家、
「さくら養蜂苑」 の蜂蜜もとても美味しいです。キハダが特に好き。
蜂蜜に興味を持ちだしてから色々と食べてみたけど
「小松養蜂場」 と 「さくら養蜂苑」 のが私は一番好きです。
蜂蜜好きな方、機会があったら食べてみてくださいね。
小松さんの蜂蜜は HP からも購入できます!

by mitsubachi-38 | 2012-06-20 17:12 | 秋田 | Comments(0)



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38
about みつばち
営業時間10:30-17:30
定休日:水曜日
※臨時休業はブログで
お知らせいたします。

〒015-0843 秋田県
由利本荘市東梵天67-1
tel/fax 0184-23-2055

web shopは こちら
カテゴリ
全体
みつばち
店の場所・問い合わせ
38 暮らしの道具・かご
38 雑貨
38 器
38 紅茶
38 おいしいもの
38 服
企画展・ワークショップ
お知らせ
日々のこと
お茶の時間
紅茶屋 みつばち
開店までのこととか
秋田
青森
岩手
宮城
山形
福島
東京
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
検索
記事ランキング
ブログジャンル