カテゴリ:秋田( 33 )
ボタン研究所
先週末、新屋での出張みつばちを終えてから行って来ました、ボタン研究所

今年の春、ガラス作家・こむれみほさんと、陶芸家・石川久美子さんが
本荘で個展を開かれた際に聞いたお話、ボタン研究所。

陶磁器・ガラス・金属・木工 などなど・・・いろいろな分野で活動している作家さんが
各分野のボタンを作って展示をするという、なんとも楽しそうなお話でした。

最初は、紅茶でボタンってどう表現すればいいんだろ~って思いましたが
話を聞きながら想像した、色とりどりのいろんな素材のボタンが並ぶ風景を
そのまま紅茶で・・・と思い、選んだのは、
紅茶に少しだけ烏龍茶がブレンドされ、フルーツと花が優しく香るお茶。
名前はそのまま、「旅するボタン」と名付けました。

会場のココラボラトリーに行ってみると、それはそれは楽しい風景が!
いろんなたくさんの個性豊かなボタンたちが楽しそうに散りばめられていて
ひとつひとつ表情もちがうので、見ていてすごーく楽しいのです。
そんな会場で、みつばちの紅茶も嬉しそうにしていました。
花fe香feさんのお菓子と一緒に並んで、いっそう嬉しそう!

春にこむれさんと石川さんに声をかけていただいてホントよかったです。
ボタンたちは、この後、盛岡→函館→仙台と旅をします。

このblogを見ていてくださる方で、お近くの方がおりましたら
ぜひおでかけくださいましぃ。
by mitsubachi-38 | 2011-11-01 18:38 | 未分類 | Comments(0)
大好きだった場所
石田珈琲店の閉店のこと。
青森のお友達のblogで知りました。
札幌へお引っ越しされるとのこと。

More
by mitsubachi-38 | 2011-09-05 21:10 | 秋田 | Comments(6)
木のお花
c0170417_1136685.jpgc0170417_11373014.jpg

県北に住む友人にお願いして送ってもらった木のお花。
昔は雪が深くて春のお彼岸に生花が手に入りにくかったため
県北地区ではこうして木で彼岸花を作ってお供えしたそうで
今もその習慣が残っているんだって。

花びらの部分は、ドロノキという木を薄く削ったもの。
でもね、実はこれ、未完成品なのです。
この後、花びらには赤・ピンク・黄・・・などの染色が施され葉がついて完成。
それはそれで色鮮やかできれいなのですが、
染色前の木そのものの優しさもいいなって思ったのです。
そう友人に話したところ、身内の方が彼岸花作りをしているとの事なので
染色前のものを数本分けていただくことができました。

県北では本来、お彼岸の時期に仏壇や墓前に飾るものだと思うのだけど、
見慣れない私には 「彼岸花」って言われなければ可愛い木のお花....
なんだか北欧チックにも見えて好きなんだけどな。
時期問わず飾っていてはいけないものかなと、少し悩みます。 可愛いんだもの~!!
by mitsubachi-38 | 2011-02-09 08:07 | 秋田
夏休み
c0170417_21473154.jpgc0170417_21534869.jpg
お盆で、能代の祖母の家に行きました。
涼を求めて連れてってもらった、藤里の峨瓏の滝。すっごい涼しかったぁ。
ここいらは世界遺産に指定されている白神山地の麓。
滝のマイナスイオンをたくさん浴びて、清々しい気持ちになったよ。
そしてそこで出会った方たちが、レトロな写真機で写真とってました。
昔の写真機らしく、暗幕を被ってのぞかせてもらったら
景色が逆さまにうつってました ^^ 貴重な経験!


c0170417_22142526.jpg

道中で、いいもの見つけちゃった。
すっごい可愛い名前の停留所、「ぐみの木」。
ここの地名が「ぐみの木」なんだろうなぁ。いいなぁ。
私もそんな可愛い地名の所に住みたい・・・。
こんなに青空の似合うバス停、滅多になさそう。
あぁ、可愛い~。


by mitsubachi-38 | 2010-08-14 21:48 | 秋田
イタヤ細工のかご
先日、角館のイタヤ細工の職人さんのお宅へおじゃましました。
娘はお母さんに馬の作り方を、私はお父さんにカゴをそれぞれに教わりました。


c0170417_927188.jpgc0170417_9383393.jpg

娘たちが次々とイタヤ馬を作る中、大物(?!)に挑戦する私。
そして完成したのが上のカゴ。  ・・・ 形がちょっといびつなのは素人のご愛敬!
「このぐらいのサイズで正方形のものを・・・」と伝えてできたもので
ペーパーナプキンや、たたんだてぬぐいがおさまるサイズ。
「持ち手なんかもついていたら可愛いかなぁ」などと話していたら、
お父さんがあっというまに持ち手をつけてくださいました!
なんだかオリジナル感があって嬉しいです♪
前回はイタヤが折れてしまうんじゃないかとビクビクしたり、目を飛ばして編んだりと
なかなか苦戦したのだけど、今回はスムーズにできたぞぉ!
水に湿らせたイタヤはしなやかで、とても丈夫なのです。
作りながらいろいろな世間話をしたり、お父さんが取材された雑誌を見せてもらったり。
お父さんもお母さんもとっても優しい方で、大好きです!
次はいつ会えるかなぁ。


c0170417_16302397.jpg
暑~~ ぅ い中、少しだけ角館の街中を散策。
前から一度入ってみたかった果物やさんで
生のフルーツたっぷりのかき氷を堪能。
パイン好きの長女、大喜びでした ^^
にしてもこの量・・・当然一人で食べきれるハズがなく。
姉からバトンタッチされた妹は、最後、震えながら完食、
灼熱の車に戻った二女の第一声は「あったかい」。
あらら~、相当冷えてたんだね(笑)


by mitsubachi-38 | 2010-08-12 07:22 | 秋田
週末象潟
c0170417_130081.jpg
週末、所用で象潟へ。空き時間にのぞいた、駅のとなりのおみやげやさん。
以前からなんて愛らしいんだろうと思っていた <お杉わらべ> がそこにはいました。
写真で見るとわからないかもしれないけれど... これがけっこうな大きさ。
小さいのも作られているのかなぁとお店の方に尋ねると、
今はもう、お杉わらべそのものが作られていないんだそう・・・。

数年前から、昔から伝わる郷土玩具の魅力に目覚め、
イタヤ馬やイタヤ狐、岩手の忍び駒など
目に届くところにあるとなんだか心が和むのです。
運良く小さなお杉わらべにも出会えたので、冬が来たら飾りたい。

c0170417_1345141.jpg
話は象潟のおみやげやさんに戻り。
店内には県北で作られているという、あけびのつる細工もありました。
レターラックに花立て・・・可愛かったなぁ。



More
by mitsubachi-38 | 2010-06-07 08:22 | 秋田
仁別へ ...
c0170417_15121982.jpg
<秋田市仁別 ・ 藤倉水源地>

新緑のいい季節なので、緑を満喫しよ~う!と仁別へ行ってきました。
藤倉水源地 は一度間近で見てみたかったのですが、これがけっこうな迫力。
とても暑い日だったので冷たくて美味しいお蕎麦を食べたり、
山の奥の奥にある森林博物館をゆっくり見学したり、仁別を満喫しました。
ヘビにも遭遇。 ギャー!と叫び、気付けば娘をおいて逃げてた私・・・。
振り返ると、顔面蒼白で必死に後を追ってくる娘がいた・・・。ごめん。
ヘビでこの有様。これがクマだったら... 娘、クワレテマウヨー!!!!


More
by mitsubachi-38 | 2010-05-26 08:04 | 秋田
じゅんさい摘み
c0170417_1553428.jpg
    今年も摘みたてのじゅんさいを求めて
    三種町へ行って来ました。
    摘み採りをしていた方に声をかけて
    写真をとらせていただきました。
    初めて知ったのですが
    じゅんさい採りは船酔いするそうです。
    そして腰が固まってしまうそうです。
    ずっとこの姿勢ですものね ... 。
    そんな苦労あっての美味しいじゅんさい。
    早速、ちゅるっちゅるを味わってます!!
    東京の叔母にも秋田の旬を詰めて送りました。
    6月5、6日にはじゅんさい祭りもあるそう。





c0170417_15543273.jpgc0170417_1556748.jpg
左 : じゅんさいを採る船

右 : さっと熱湯にくぐらせると
   色鮮やかになります


by mitsubachi-38 | 2010-05-25 18:04 | 秋田
大いなる秋田
今朝の新聞に、「大いなる秋田・東京公演」の記事が載っていた。
小・中・高と、吹奏楽をやってたので 「大いなる秋田」 には親しみがあり、大好きな曲。

聞くだけもいいけれど、歌や演奏で参加するとまた格別。
数年前のこと ... 学生時代、一緒に吹奏楽をやってた友人を誘って
県音楽祭 の一般参加で 「大いなる秋田」 を歌った。
あの一体感!十数年ぶりの気持ちを思い出し、こみ上げるものがあった。

「秀麗無比なる鳥海山よ」 で始まる第3楽章の県民歌と
「朝明け雲の色映えて」 で始まる第4楽章の県民の歌の迫力さは本当に素晴らしいです。

そんな 「大いなる秋田」 の東京公演。
首都圏在住の県出身者による方々が楽曲を披露したそう。
故郷を懐かしく思う方たちの気持ちと会場の一体感を想像したら
胸がいっぱいになった。


c0170417_1322667.jpg
    私は生まれも育ちも秋田なので
     秋田を長く離れた事がない。
     物心ついた頃から鳥海山を見て育ち
     鳥海山に元気をもらい生活してる。

なーんて言うとものすごい年寄りみたいだけど、
「大いなる秋田」 は、秋田を誇りに思える曲だと
あらたてめ思ったそんな今朝の新聞記事でした。

by mitsubachi-38 | 2010-05-24 16:25 | 秋田
みごはけ
c0170417_2022851.jpg
仕事のつながりで知り合った方が、
私の心をそそる手仕事をされていると知りました。

以前にお話は伺っていたのですが
先日、その手仕事の品を見せてくださり、
「よければどうぞ」とくださったのです~!

穂首節刷毛(みごはけ)という刷毛。
繊細なその仕事に、感動。

使うのがもったいないけど...
ありがたく使わせていただきます!

by mitsubachi-38 | 2010-02-26 22:04 | 秋田



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38
about みつばち
営業時間10:30-17:30
定休日:水曜日
※臨時休業はブログで
お知らせいたします。

〒015-0843 秋田県
由利本荘市東梵天67-1
tel/fax 0184-23-2055
カテゴリ
全体
みつばち
店の場所・問い合わせ
38 暮らしの道具・かご
38 雑貨
38 器
38 紅茶
38 おいしいもの
38 服
企画展・ワークショップ
お知らせ
日々のこと
お茶の時間
紅茶屋 みつばち
開店までのこととか
秋田
青森
岩手
宮城
山形
福島
東京
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
検索
記事ランキング
ブログジャンル