カテゴリ:企画展・ワークショップ( 94 )
みちのくあかね会のマフラー展
11月に入りましたね。すっかり寒くなり、朝晩の外出にはコートが必要になりました。
みつばちでは、岩手県盛岡市の 「みちのくあかね会」 のマフラー展を開催します。
この機会に、ホームスパンの素晴らしさとあたたかさを、ぜひ体感してください。
(ホームスパンとは、手染め・手紡ぎ・手織の毛織物のことをいいます。)


 『 みちのくあかね会 マフラー展 』
 
 11月14日(金)~11月24日(月・祝日)
 open 10:30 → 17:30
  ※期間中19(水)は休みです

 暮らしの道具と紅茶 みつばち
 由利本荘市東梵天67-1 tel 0184-23-2055
by mitsubachi-38 | 2014-11-01 13:02 | 企画展・ワークショップ | Comments(0)
ユーリさんのワークショップを終えて
c0170417_13333629.jpg

ユーリさんのワークショップも終わり、きっとこちらももうすぐ梅雨明けです。
夏だ夏だと言ってても、梅雨が明けないと夏って気がしなくて、
だからもうすぐきっと、秋田にも本当の夏がやってきます。

昨年の秋ごろからずっと楽しみにしていたユーリさんのイベント。
5月には 「白樺の木」展 を、そして今回はワークショップでした。
ワークショップではみなさんそれぞれに自分で作った作品を
いとおしそうに眺めていたのが印象的でした。

ワークショップで白樺樹皮のちいさなかごを作ることになったとき、
本当は、もう少し大きなかごを作りたいなって思いました。
けれど、このちいさなかごこそ、白樺かごづくりで基本となるかごと知り
ワークショップを通して参加してくださった皆さんがそれを作るのを見て
ユーリさんが伝えたかったことがわかったように思います。
ユーリさんのブログより、文章をお借りします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このちいさなかごは、白樺かごづくりでいちばん基本となる白樺かごです。
もう随分前のこと、わたしが白樺かごづくりをはじめたころに、
フィンランドの白樺かごをつくっているおじいさんにこう言われたことがあります。
「このかごを1年間、毎日編んだら、見えてくることがあるよ」
その後、何年かしてからのことでしたが、わたしは本当に1年間、
毎日このちいさなかごを編みました。毎日、毎日、ひとつずつ。
同じかごを毎日編むのですから、途中であきてきたこともありました。
けれど、ずっと続けて。そうしていたら、本当にいろんなことが自然と分かってきました。
それは、単に編み方やコツなどではありません。もっと、大切なこと。
だから、白樺かごづくりのワークショップでも、
いちばんにこのかごを編んでほしいと思って、ずっと続けています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


わたしは自分の手ではこのちいさなかごを編んではいないけれど、
ワークショップで皆さんが作るのを見て、ユーリさんの話を聞いて
もう心の底からちいさなかごを編んでいる皆さんがうらやましくて!
だから2日間が終わったあと、わたしもひとつ、ユーリさんが作った
白樺の根っこでフチかがりのされたちいさなかごを選びました。
手のひらで包み込めるほどちいさいかごだけど
手のひらで包み込めるほどちいさいからこそいいな、って思っています。

まーるい口のちいさなかごを毎日手のひらにのせて
気持ちが尖ったときは、まーるい気持ちを思い出す。
歳を重ねれば重ねるほど、かたくなる頭、考えも
ちいさなかごを手のひらにのせて柔軟になるように。
そしてわたしもいつか、わたしの手でこのかごを編みたいな・・・。

一日目のワークショップが終わってから、海を見に行きました。
ユーリさんと、こころちゃんと、私の娘と4人で。
ちょうど夕日が沈む時間で、波も穏やかで
あんなにきれいな赤く染まった景色は久々に見たような。
波打ち際ではしゃぐこころちゃんを見て、こころが洗われました。

ワークショップ前後の数日間、すごく濃い数日間で
ワークショップが終わったいま、少しボーっとしています。
でも夏はこれから。秋田の短い夏を、元気に過ごそうと思います。
30代最後の夏でもあるのでね(笑)
by mitsubachi-38 | 2014-07-24 14:04 | 企画展・ワークショップ | Comments(0)
ユーリさんの白樺かご 展示販売のお知らせ
c0170417_12431632.jpg
<ユーリとビヨルク 白樺かご展示販売>
7月20日(日)13:30-17:30
  21日(月・祝)13:30-16:30

20日、21日はユーリさんが茨城からいらっしゃいます。
午前中はお申込みいただいた方とのワークショップ、
午後は上記の時間帯で白樺かごの展示と販売があります。
5月の「白樺の木」展に来られなかった方もどうぞこの機会に。
2日間限りの展示販売となります。ご了承ください。

<ワークショップにご参加のお客様へご連絡です>
開店(受付) は 9:30 となります。
あまり早くお越しになられるとお待たせすることになりますので
どうぞ急がずにお越しくださいね ^^
それと、ハサミを忘れずにお持ちください。よろしくお願いします。

 ・
 ・
 ・

<ユーリとビヨルク>
スウェーデン、フィンランド、ロシア、アメリカで白樺樹皮細工の技術と背景を学び
日本(北海道)の白樺樹皮の可能性をひとつひとつ探りながら
森の中で白樺かごの製作とワークショップを続けている。
活動名の「ユーリとビヨルク」はスウェーデン語で「7月と白樺」という意味。
また自身の名前も「ユーリ」で、ユーリ生まれ(7月27日)。
「ユーリとビヨルク」の名には、いつも白樺の木と向き合っていたい想いから
「わたしと白樺」という意味を込めている。
by mitsubachi-38 | 2014-07-17 12:44 | 企画展・ワークショップ | Comments(0)
ユーリさんの白樺かごワークショップと展示販売
c0170417_1751373.jpg

「白樺の木を、愛している」

いつもまっすぐな眼差しで白樺の木について語る白樺かご作家のユーリさん。
そのまっすぐな感性と独自の世界観が人気で
ユーリさんの白樺かごに触れると、白樺の木そのものの純粋さ、透明感を感じます。
でも、それはきっと、ユーリさんの白樺かごには、重ねられた奥深い物語があるから。
今回のワークショップでも、その物語に耳を傾けながら
ユーリさんと一緒に白樺かごを編んでいきます。
材料である白樺樹皮のやわらかさ、ツヤも、
森づくりと樹皮の採取からのすべてを自分でおこなうユーリさん独特のもの。
その白樺樹皮で編むワークショップは、感性を研ぎ澄ますようなひとときになるでしょう。
また、ワークショップと同時にユーリさんの作品のミニ展示もおこないます。
まっすぐで強く、やわらかな気持ち溢れるユーリさんの白樺かごに
ぜひ会いに来てください。


<小さな白樺かご or 白樺樹皮のアクセサリーを作るワークショップ>
*事前予約制になりますので参加ご希望の方は電話でお申し込みをお願いします。
  定員になり次第、締切させていただきます。
  ※おかげさまで定員になりました
日時 : 7月20日(日)、21日(月・祝)
時間 : 9:30~
場所 : 暮らしの道具と紅茶 みつばち
          (由利本荘市東梵天67-1 電話 0184-23-2055)
参加費 : ①ちいさな白樺かご 7.500円(お茶つき)(要時間 約4時間)
        *画像にあるフチの装飾はつけません      
       ②白樺樹皮のペンダント 3.800円(お茶つき)(要時間約3時間)
        
        どちらかを選んで作っていただきます


<白樺かご展示販売>
7月20日(日)13:30-17:30
21日(月・祝)13:30-16:30
*5月の「白樺の木」展に来られなかった方もどうぞこの機会に。
 限られた数の展示になります。あらかじめご了承お願い致します。

 ・
 ・
 ・

<ユーリとビヨルク>

スウェーデン、フィンランド、ロシア、アメリカで白樺樹皮細工の技術と背景を学び
日本(北海道)の白樺樹皮の可能性をひとつひとつ探りながら
森の中で白樺かごの製作とワークショップを続けている。
活動名の「ユーリとビヨルク」はスウェーデン語で「7月と白樺」という意味。
また自身の名前も「ユーリ」で、ユーリ生まれ(7月27日)。
「ユーリとビヨルク」の名には、いつも白樺の木と向き合っていたい想いから
「わたしと白樺」という意味を込めている。
by mitsubachi-38 | 2014-07-14 12:16 | 企画展・ワークショップ
漆たち
c0170417_11511761.jpg
   いろどり椀 ¥5,400
   カラフルな漆のお椀。きちんと整列していて気持ちがしゃんとなります。

c0170417_11462856.jpg
   ちびっこ椀(絵付) ¥6,804
   色合いといい柄といい、申し分ない可愛さ。一点ものです。

c0170417_11471218.jpg
   ちびっこ椀(絵付) ハート¥6,804  雲¥6,804
   離乳食の器に・・・贅沢かも?だけど次の代まで受け継がれますね。

c0170417_11474386.jpg
   うるみ椀(4寸・絵付) ¥8,100
   よくみるとストライプ模様なんです。かっこいいです!ドットもあります。

c0170417_11481263.jpg
   月の湖シリーズ ちっちゃ椀 ¥7,020 ~ 4寸 ¥12,960
   この模様を手描きで・・・想像するだけでため息が。芸術品ですね。

c0170417_1148418.jpg
   うるみ椀 左(4寸・絵付) ¥8,100  右(羽反・絵付) ¥7,560
   ぐるりと一周、花びらの模様がほどこされています。

c0170417_11501075.jpg
   朱塗椀 左から、4寸 ¥8,100 ・ 羽反 ¥7,560 ・ ちびっこ ¥6,480
   幼い頃に持っていた漆のイメージが朱塗りでした。今見るととても新鮮に感じます。

c0170417_1152789.jpg
   左から、はちみつ椀 ¥4,860 ・ みつばち椀 ¥4,860
   こちら、今展示の目玉!オリジナルのお椀です。箸もみつばちのお尻で♪
   プーさんの蜂蜜壺を連想させるお椀と、みつばちのボーダーのお椀。
   今回限りのものなので、お値段もお求めやすくしていただきましたー!

   まだまだたくさんのお椀があります。普段のみつばちでは、見られないものばかり。
   漆は扱い方が難しくて・・・と思っている方、そんなことありません。
   ぜひこの機会に漆デビューをご検討くださいませー。
by mitsubachi-38 | 2014-06-16 12:48 | 企画展・ワークショップ | Comments(0)
ごあいさつ展
c0170417_23281845.jpg

明日から始まります、「ごあいさつ展」。
今日は漆の作家、たかはしむつみさんが来て
楽しく、でもマジメに!漆の作品を並べました。

普段、むつみさんの作品は大曲のお店とみつばちにおいていて
あとはクラフトフェアに出展されることが多いので
クラフトフェア好きの方は目にしてることも多いと思います。
今回はクラフトフェアとはまたちがう雰囲気で漆を楽しめると思うので
お近くの方、ぜひおでかけくださいね~。
今回の企画展オリジナルのお椀やお箸もあります。
ユーモアある素敵な作品ですのでこちらもお見のがしなく!

いつものみつばちの常設品もお声がけいただければお出ししますので
そちらもご遠慮なく申してください。

トリゴエカナさんのアイシングクッキーも届いています。
こちらは数に限りがあり、売り切れごめんとなっております。
可愛いだけでなく、味もおいしいクッキーです。

それでは「ごあいさつ展」でお待ちしています!
by mitsubachi-38 | 2014-06-12 23:27 | 企画展・ワークショップ | Comments(0)
ごあいさつ展 6・13からです
c0170417_1454681.jpg
< ごあいさつ展 >

漆の作家、たかはしむつみさんは、13,14,15日と、最終日の20日の計4日間、
みつばちに在展してくださいます。
むつみさん、若くて、とても個性的で、とても気さくな女性です。
髪がくるくるで、メガネをかけています。じゃんじゃん話しかけてくださいね。

・・・むつみさん、こんな紹介でごめん(笑)

むつみさんはすごくスポーツが得意そうに見えるので
私はてっきり、美術学校を卒業してるものの、ソフトボールが得意で
あの、ぐるんぐるん!って腕を回してボールを投げるのが
めちゃくちゃ早いんだろうな・・・って思ってたんですが。
なんとずーっと吹奏楽部だったっていう・・・・(笑)
文化系~!めちゃくちゃ仲間~!(私もそうだったので)
そんなギャップがまた、よかったりもするむつみさんです。

11日、12日はお休みをいただきます。
13日、ごあいさつ展でお待ちしております。
by mitsubachi-38 | 2014-06-10 14:23 | 企画展・ワークショップ | Comments(0)
ごあいさつ展のお菓子
いよいよ今週末になりました、「ごあいさつ展」。
13日の金曜日からになります。
むつみさんの漆が、みつばちの普段の常設品の中に加わって華となり
きっと楽しい展示になるだろうなぁと、私もとても楽しみです。
「みつばちらしい漆」も作ってくださり見せてもらいましたが、
とてもむつみさんらしい作品でした。

そしてその 「ごあいさつ展」 に、さらに楽しさをプラスするべく、
trigo e cana (トリゴエカナ) さんにお願いして
アイシングクッキーを作っていただくことに!
トリゴエカナさんの作るアイシングクッキー、私は実物を見たことがなく、
でもPCの画面の中で見つけた時、すごく楽しい気分になり、
大好きな感じ!と思ったので無理を承知でお願いしてみたのです。
そして急なお願いにもかかわらず、キャッチボールをするかのように
気持ちのよい嬉しいお返事をいただき実現することになりました。

c0170417_12211313.jpg
(トリゴエカナさんのHPから画像を拝借しています)

こんなに楽しいクッキーを作るんです。郷土玩具好きにはたまらない絵!
今回は大好きな東北6県と新潟の郷土玩具でお願いしています。
そして 「ごあいさつ展」 オリジナルのアイシングクッキーも。
どうぞよろしくお願いいたします。
by mitsubachi-38 | 2014-06-09 10:57 | 企画展・ワークショップ | Comments(0)
6月は 「ごあいさつ展」
c0170417_1143521.jpg

「白樺の木」展 が終わり、あっという間に6月。
もう1年の折り返し地点が見えてきたなんて早すぎます!
とりあえずは、暑さに負けずにがんばりましょう。

さて。
6月も企画展を予定しています。
お世話になっております 夢積工房 のむつみさんとの企画展、
「うるしとみつばち  ごあいさつ展」 です。

むつみさんは、今年の3月で母校(秋田公立美術工芸短大)の教員期間を終え
4月からフリーで活動を再開しています。
私も3月で会社勤めを辞めて、4月からは平日もみつばちをオープンできることになり
二人で新たなスタートの 「ごあいさつ」 をさせていただこう!と企画しました。
普段のみつばちでは見られないぐらいの、たくさんの漆のお箸やお椀、ブローチなど
期間中は見られますのでお楽しみに!

そして私の方はというと、ちょっと楽しいカタチでご挨拶をと考えて
ある方に心躍るようなお菓子をお願いしています。
追々、紹介させていただきますね!

さてさて、今回のこのDM。
むつみさんと 「どーする?誰かにお願いして撮影してもらう?知り合いいる?」 と
しばらく二人で悩んだのですが、自分たちでやってみよう!ということになり
店の休みの日をつかって撮影会をしました。
二人とも 「ド」 のつくようなカメラ素人で、四苦八苦でしたが
出来上がってみたらあらびっくり。私はとても満足です。
いろんな方にも 「いいDMだね~」 と褒めてもらっています。
協力していただいた、Sさん、ありがとうございます!

そんなわけで 「ごあいさつ展」 よろしくお願いいたします。
6/13(金) ~ 6/20(金)
10:30 ~ 17:30 (最終日は17:00まで)
会期中は無休です。
by mitsubachi-38 | 2014-06-04 12:28 | 企画展・ワークショップ | Comments(0)
「白樺の木」展 最終日です
c0170417_10452857.jpg

2週間にわたる 「白樺の木」展 も、今日で最終日となりました。
白樺から生まれた美しいかごやうつわたち、いろんな方たちの元へ行きました。
これからは皆さんが育てていくんですね。
白樺樹皮のかごは、どんどん飴色になっていき、
ずっと、一生いっしょにいてもらえたらいいなと思います。
娘さんがいる方は、いつかは娘さんに。
娘さんがそのまた娘さんに。
そうやって、ユーリさんの作った白樺樹皮のかごが
永遠に受け継がれていきますように。

わたしも、上の写真の、東京で出会ったこの小さなかごを
いつか娘にと思っているのですが。
欲しいって言うまでは私が大切に育てていこうと思っています。

今日は5時半までの営業になります。
まだ間に合いまーす!
by mitsubachi-38 | 2014-05-31 13:49 | 企画展・ワークショップ | Comments(0)



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38