カテゴリ:岩手( 26 )
一戸へ
昨日、岩手県一戸町まで、竹細工を求めて行ってきました。
本荘から一戸はさすがに遠かった ・・・。
と言いつつも、普段は1分でも多く寝ていたいところ、
シャキーン!と起床、6時40分には家を出れたというから
好きなものを追うパワーってやっぱりすごい。

まず向かうは仕入れの友、Mさんち。
そして盛岡から高速に乗り・・・おしゃべりに夢中で一戸ICも通過・・・。 (運転手はワタシ)
しかもMさんがトイレ休憩を申し出てくれなかったら、そのまま青森まで行ってたね!
2人の旅にはこういったことがかなりの確率でつきもの (笑)
だってさ~、ナビが何も言わないんだも~ん。 これも今始まった事じゃないけど・・・

そんなこんなの珍道中でなんとか無事に一戸に到着。
午前中はMさんが連絡をしてくれていた、柴田恵さんの工房を訪ね
午後からは小岩井のクラフト市でお会いしていた、上平竹細工店さんへ。
作り手さんと会うこと、話をすることって大切なことだなぁとつくづく思いました。

その他、一戸手技工芸館や、はちみつ屋さんへ行ってるうちにもう夕方。
あっという間に一戸での時間が過ぎてしまいました。

一戸で作られた鈴竹の竹細工、椀かごや持ち手付きの盆ざる、
上平さんが作られた横田かごなど、素晴らしい手仕事の品は
「いろは 十一月の雑貨店」で並びますよ。

一戸・・・祖母の故郷ということで、子どもの頃に一度行っただけのところ。
子どもながらに「とりごや」というところに行ったという記憶があるのですが
今思うと、「とりごや」ではなく「とりごえ」だったのね~。


c0170417_2156539.jpg
びゅーんと行ってびゅーんと帰ってきた14時間の旅。
今度行く時は、ゆっくりと下道の風景を楽しみながら、
寄り道したり ・・・できれば泊まりで行きたいなぁ~
なんて思いながら、夜は爆睡でした。 Zzz...
・・・最近、かーちゃん(私)は、ちょっとハードなんですわ。
けど、こうしてハードながらも毎日をこなせているのは、
親と娘の理解があってこそ。感謝してます。

← 一戸町の物産パンフレット。とっても素敵なんです!
  手技工芸館でいただいてきました。

by mitsubachi-38 | 2010-10-18 22:02 | 岩手
充実盛岡
母と盛岡へ。
母はおそらく20年ぶりぐらい・・・とのこと。
一方の私はすっかり峠超えが慣れてしまいました。
では今日のコースを覚え書き。

< 光原社 >
 民藝の器を迷いつつ、安藤雅信さんのミルクピッチャーに出会ってしまい、
 心がそちらに傾いてしまう。モーリオでは、くるみクッキー。

< カワトク >
 ここで楽しみなのが地下の全国銘菓のお店。
 今日は娘のお土産リクエストできびだんごと、金沢の和菓子を。

< くふや >
 母を連れていきたかった。子連れ不可なので、この機会を逃しては!と。
 オーナーご夫妻も、窓から見える景色も、お料理も、空間も大好きです。
 友人おすすめの豆かん、美味しかったぁ~!

< ござ九、釜定 >
 母がござ九でほうきを、釜定でこけし栓抜きを買っていた。
 いい買い物したね!と褒めてあげました。 ( えらそうな私・笑 )

< hina >
 いつ来ても楽しい雑貨屋さん。気になっていた、もたいさんが表紙の本、
 これは私も読みたかったけど、母にも見てほしくて。 ( 目指せ!可愛いおばちゃん!! )

< carta >
 ここも母を連れて行きたくって。丸パン、カリカリッ、はちみつじゅわ~。幸せ。
 木村衣有子さんの写真、素敵でした。

< 北の光原社 >
 こちらの光原社は初めて入りました。私はアイアンの小さな動物を、
 母は藍染めの可愛いエプロンを購入。

以上!
盛岡での6時間はあっというまだったけど、とても充実して帰ってきました。
そうそう、帰りに角館の花fe香feサンにより、いろはのDMおかせていただきました。
閉店まであと少しという時間にあたふたと寄ってしまいました・・・。

c0170417_2152091.jpgc0170417_215442.jpg

by mitsubachi-38 | 2010-09-24 21:07 | 岩手
小岩井 CRAFT市へ
先日の日曜、小岩井のCRAFT市へ行ってきました。
2年ぶりの小岩井の森。気合い入れてたので、10時より30分前に到着。
先日おじゃました仙台の「つむぎ」さんの店主、kayoさんとも会えました!
またお会いできて嬉しかったです~♪
CRAFT市の事務局をなさっている阿部智穂さんにも会えました。
毎年こんなに素敵なイベントをありがとうございます!そして、お疲れ様です!!

c0170417_162704.jpg
AM9:30、まだ人もまばらだけど。。。おじゃましま~す!


c0170417_16273058.jpg
陶器の作家さん、折居ゆかさんのブースでは可愛い形の小皿を選びました。
少しですが、「いろは 十一月の雑貨店」にも並びますよ~♪


c0170417_9585654.jpg
一戸の竹細工やさんからお持ち帰りした、楕円の入れ子ザル。
家に帰ってから気付いたのですが、一度訪ねてみたいと思っていた竹細工やさんでした!


c0170417_1628947.jpg
帰りは「松ぼっくり」でジェラート、美味しかったぁ~。
その後、温泉に入り帰宅。雫石を満喫してきました。

by mitsubachi-38 | 2010-09-21 18:50 | 岩手
盛岡へ
先日、器やの眞理さんと行ってきました。
一番の目的は南昌荘で開催されている「陶・三彩」。
岩手県で作陶をされている、

・金沢 英徳さん (陶芸)  紫波
・大沼 道行さん (陶芸)  紫波
・菊池 啓二さん (陶芸)  西和賀

ご三方の作陶展で私たちが行くのは昨年に続き2度目。
途中の峠で豪雨に見舞われるも、到着した盛岡は快晴。
南昌荘をあとにし、おいしいランチを食べ、
雑貨屋さんを歩き、デパ地下を楽しんでお茶。
楽しい一日になりました。

「盛岡には眞理さんと」、がすっかり定番となり、
次はあそこに行こうね、と次の予定までたてました。
次回は真夏の盛岡!これまた楽しみでならないよー。


c0170417_21263993.jpg
少しずつ増えていく大沼さんの器。
シリアルを大沼さんの織部の器で食べる娘に
「アンタ、贅沢なシリアルだね~」と言うと
不思議そうな顔をしていた...(^^;
そうだよね、シリアル自体はいつもと変わらないから
子供はどこが贅沢なの??と思うよね。
織部の緑とMILKの白にうっとりな私でした。


by mitsubachi-38 | 2010-06-26 22:22 | 岩手
もりお缶?
c0170417_9221078.jpgc0170417_9223627.jpg
盛岡で立ち寄った白沢せんべい店で
試食のせんべいをいただきながらツーーと目がいったもの。

せんべいもいいけど、缶もいい~!
それぞれの面にさんさ踊りやちゃぐちゃぐ馬こなど
盛岡のお祭りが描かれていて、もぅ一目で気に入っちゃいました。

そしたらお店の人、缶だけでもお売りしますよーって言うんです。
もう、お言葉に甘えちゃって、でも冷麺と海老のおせんべも美味しくて
おせんべと一緒に缶も持ち帰ってきました。

カゴバカになりつつありますが、缶バカになりつつもあります。


c0170417_9241064.jpg
こちらは同じおせんべでも、一戸のかりんとう。
ばあちゃん(一戸出身)の家でもらってきた。
このかりんとうを久々に食べたくなったらしく、
岩手にいるばあちゃんの妹に頼んで送ってもらったとの事。
潔いシンプルさが妙にシャレてて気に入った!
一戸では名物ですっかりおなじみというこのかりんとう。
まだ食べていないのでお味はお楽しみという事で ^^


by mitsubachi-38 | 2010-04-22 07:36 | 岩手
長腰カゴを...
数日前、盛岡に行ってきました。雨の盛岡散策。
最初はお決まりの紺屋町界隈。

で、お昼は念願のくふやさん。
オシャレなご夫婦と、空間と、気持ちが高まる器の数々に
一緒にいったMさんと興奮してしまった!
そしておいしいお昼ご飯にデザートの焼きりんご。
心にも、身体にも栄養、そんなお店でした。
是非次回もおじゃましたい。母を連れてってあげたいなぁ。。。


c0170417_1259389.jpg

ござ九さんで買った長腰カゴ。
岩手の県北で作られているそう。
一戸あたりかな??

このカゴ。
本来は腰にまいて山菜採りなどで
使用するものらしいが。。。


長腰カゴ、我が家では・・・ (click!!)
by mitsubachi-38 | 2010-04-16 08:05 | 岩手
サフォークウールの靴下
岩手在住の山本実紀さんが企画・商品化された、サフォークウールの靴下。
昨年、遠く離れた雑貨屋さんのHPで見て知りました。
その後、偶然にも訪れた、とある手仕事展で見つけて!迷わず購入。
実家の母にと自分用に。。。これがすご~くあたたかいのです。
冷え性の私ですが、昨年の冬はこちらの靴下に 「ぬくぬく」 をもらいました(^-^)
今年もそろそろお世話になる季節。
寒いのはすごく苦手なんだけど、冬の楽しみ方を探すのは好き♪

c0170417_13374156.jpg
 こうゆう心も体もあたたまる手仕事の品を
  私の手から誰かの手に届けたいな・・・って思います。

  今までもこれからも馴染み深い東北の
  キラキラの宝物をもっともっと見つけたいです。


by mitsubachi-38 | 2009-10-03 13:25 | 岩手
「 te no te 」 と 「 Otoshi Bumi 」
c0170417_11391731.jpg
数日前、郵便受けをのぞくと、岩手からの封筒がふたつ。


てくり別冊 「 te no te 」 と 智穂さんの 「Otoshi Bumi 」でした^^


「 te no te 」
大沼道行さんの器、山本実紀さんの靴下、釜定さんのオイルパンなど、
私も使わせていただいているものも載ってて嬉しかった^^

「Otoshi Bumi 」
娘さんの版画と詩から始まり、智穂さんの文章、おすすめのものetc...
今回もとーーーっても素敵な一冊でした。毎回楽しみな冊子なのです。


何かを創り出せる人って、ホントにすごいと思う。
私には、自慢できる 「これ」 がないから。

家の周りのススキの揺れる音を聞きながら、鈴虫の鳴き声を聞きながら。
Dokushono aki---!!!
 
by mitsubachi-38 | 2009-09-09 08:25 | 岩手
岩手 鈴竹の椀かご
我が家の台所はとても小さなスペース。
なので洗い物の水切りカゴは数年前から使っていなくて
ここ数年は琺瑯のボウルやバットを代用して使ってました。

他に何かいい方法はないものか・・・と思い続けていたものの
使い勝手の良さそうなものはそれなりの値段もするし
「これ!」と思えるものにも出会えずにいたのです。

それが最近、今まであまり意識しなかった「椀かご」が気になりだし、
岩手の方が作られた鈴竹の椀かごが我が家に。
しっかりした編み目、すごくきれい。
水きれも良く、毎日のお皿洗いが楽しくてたまりません。

c0170417_17405494.jpg
この椀カゴ、購入したのは近所の商店。
竹や蔓で編まれたカゴやざるなどが並ぶ
小さな商店があるのです。
店主は80歳を超えられたおばあちゃま。
そしてお値段ビックリ、2,000円!! 良いのでしょうか~!!
ネットじゃどこもこの倍ぐらいのお値段でしたよぉーーー!!

「最近は作り手さんが少なくなってねぇ・・・」とのこと。
会計の時、おばあちゃまもあらためて、
このカゴの編み目に惚れ惚れしてました。


by mitsubachi-38 | 2009-08-27 17:42 | 岩手
盛岡さんぽ
南昌荘を後にし、盛岡をてくてく。

・光原社 ・・・言わずと知れた民芸品のお店
・carta ・・・居心地のよい喫茶、おすすめです
・ござ九 ・・・ざるやカゴ、昔ながらの生活雑貨やさん
・釜定 ・・・南部鉄器のお店。カラリと並んだ鉄瓶に見とれます
・関口屋菓子舗 ・・・ここの焼酎糖が食べてみたくて
・藤原養蜂場 ・・・ハチミツ好きとしてはかかせませんが初でした
・点心伍十伍番 ・・・肉まん、中華まんのお店。今回は我慢!
・盛岡正食普及会 ・・・食べてみたかったロシアビスケット、噂通り止まらない
・丸竹茶屋 ・・・あべ川、ごま、くるみのお餅、三点盛、おいしかったです ^^


でもワタシ、blogをやっているにもかかわらず、写真はナシ・・・(^^;
カメラは持って歩くのですが、うつしてもたいていはお店の外観ぐらい。
行った先々で、お店の中や食べ物をその場で写真におさめるのを、
いつからか少しづつ躊躇するようになりました。


なので他から見ると物足りないblogだと思うのですが、
少しでも「盛岡へいこう」と思っている方の散策の参考になれば嬉しいです。

あとは私の覚え書きってことで(^^;
光原社以外は、cartaをスタート地点にし、散歩気分でぐるりと一周できる感じです。



c0170417_12415972.jpg
盛岡正食普及会で購入したパンとロシアビスケット。
翌朝の朝食にしました。 
パンは蒸かして食べると美味しいらしいです。
時間のある朝にやってみたいなぁ。
ロシアビスケットはほどよい甘さと噛みごたえが最高!
食べ出すと止まらないって話がわかりました。
盛岡行ったら、また買いたい一品です。


by mitsubachi-38 | 2009-06-27 18:03 | 岩手



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38