カテゴリ:岩手( 26 )
盛岡へ  南昌荘にて
昨日のこと。

朝、子供を学校へ見送ると同時に、びゅーんと盛岡へ行って来ました。
車で3時間・・・ちょうど中間地点で友人と待ち合わせし、
おしゃべりをしながら到着したのは。。。

「陶・三彩」という陶芸展が始まった、南昌荘。
どうしても初日に行ってみたかったのです ^^

岩手県で作陶をされているご三方。
・金沢 英徳さん (陶芸)  紫波
・大沼 道行さん (陶芸)  紫波
・菊池 啓二さん (陶芸)  西和賀

どの方の器も、実物を手にとったのは実は最近のことです。
じっくり見させていただくことができ、器好きとしては贅沢な時間でした。

c0170417_121359.jpg
ご三方、どの方の器もとても素敵で
手にとっては妄想が膨らみました。
こちらのポットとカップは、大沼道行さんのもの。
この日に出会えたらいいなぁって思っていたので
迷わずに購入させていただきました♪♪
それにしても素敵な器がたくさんで、
お財布と相談しながらの過酷な選択でした。



南昌荘さん、心地よい風がとおり、こちらもとても素敵なところでした。
場所も道も覚えたし (^-^) きっとまた来よう!と思いました。

帰り際、なんと「森の暮らし」の智穂さんと偶然にお会いしました!
いつもと変わらぬ笑顔にとっても幸せな気持ちになりました。
改めて、この日のこの時間に来て良かった~って!
また鰺ヶ沢のC-POINTでお会いできるのが楽しみです。
by mitsubachi-38 | 2009-06-26 18:20 | 岩手
岩手のりんご
c0170417_9231832.jpg
岩手産のりんごを使ったその名も 「りんご」
減農薬栽培のりんごを8等分に切って、時間をかけて丁寧に干しただけ、
というもので、前にお友達のblogで見てから気になってたんです。

風土倶楽部さんというところのオリジナル商品と知り、
お取り寄せをしてみました。 (詳しくはコチラで♪)

c0170417_9183268.jpg

パッケージもとても可愛くて、お土産にも喜ばれそう。
購入した品種は王林とジョナゴールド。
岩手県一ノ関市の、かけす農場で栽培・加工されているそうです。

今年の2月には青森産の 「りんご」 も登場したそうで、
食べ比べてみようと思い、そちらも一緒に購入しました。
今日は岩手産のジョナゴールド。
明日は青森産のジョナゴールド。
GW、何も予定がないけれど、こうして岩手と青森を楽しもう (^v^) 

by mitsubachi-38 | 2009-05-02 09:24 | 岩手
森の暮らし (本)
c0170417_19585789.jpg
『森の暮らし ~たいまぐら便り~』

いつだったか、偶然見つけたHPがとても好きで更新を楽しみにしていました。
自然の中で、巡り来る季節と一緒に暮らしている感じが
HPやblogからもじわわわ~んと伝わってくるんです。
お隣の県ということもあり、季節の風景も似ているのかなと
勝手ながら親近感を持っていつも見ていました。

昨年、そのblogが本になったことを知り、購入しようと思っていた矢先、
なんと鰺ヶ沢のc-poitでご本人(安部智穂さん)とお会いする事ができました。
迷わず、本を購入。この日、いちばん嬉しかった出来事でした。
(写真は鰺ヶ沢からの帰り、緑が眩しい五能線の中でとりました)

その秋、今度は智穂さんが主催しているCRAFT市(小岩井)に出かけました。
実はその日、カバンには鰺ヶ沢で買った本を忍ばせていたのですが
緊張と気恥ずかしさで、挨拶はしたものの話しかける事ができなかったのです。
そうしたら智穂さんの方から声をかけていただき (覚えていてくれた事に感動!)
私はドキドキしながらも、本にサインをいれてもらいました♪

智穂さんの、ものやさしい雰囲気、笑った時の目、
私は、智穂さんはタイマグラの妖精なんじゃないかと思います。
そして「タイマグラ」という地名を初めて聞いたとき
何か不思議な力を感じたので、いつか、
タイマグラを訪れてみたいとも思っています。
 
by mitsubachi-38 | 2009-04-09 08:00 | 岩手
松尾鉱山跡
「鉱山跡が好き」というと珍しいと言われるのですが
子供の頃から鉱山跡にひかれます。

その地に立って、鉱山の栄えた時代に思いをはせると
不思議な気持ちになるのです。

c0170417_1203128.jpg

岩手県八幡平にある松尾鉱山は標高1,000Mのところにあります。
多い時で2万人を超える人が暮らしてがいたそうです。
当時にしては珍しい鉄筋4階のアパートもあり、
「雲の上の都市」と呼ばれていたそう。
実際行ってみて、本当に山の上にあったので驚きました。


廃墟となった巨大アパート群は閑散としていて、ここだけ別世界のよう。
けれどそこはたくさんの人たちの故郷。
幼少時代を松尾で過ごした人には、今帰るふるさとがないそうだけど、
資料館に行くと当時の学校のアルバムや多数の写真、
当時の地図や広報までもあり、ふるさとを思い、涙する人もいるという。
そして、唯一残されたこの鉄筋の建物のおかげで
故郷を懐かしく思える人もいる人もいるそうです。


「ここにきて、懐かしい顔(写真)に会えた」
と資料館のノートにメッセージを残している人もいました。
私にとっての鉱山跡の魅力は、人々のこうゆう気持ちなんだと思う。
 
by mitsubachi-38 | 2009-04-07 07:57 | 岩手
しのび駒
c0170417_11241912.jpg
雫石民芸社の 「忍び駒」  (てづくり村にて)

その昔、縁結びや子孫繁栄を祈願したという、縁起良き郷土玩具だそうです。
秋田のイタヤ馬も岩手の忍び駒も、どちらもとても可愛い。

by mitsubachi-38 | 2009-03-28 13:23 | 岩手
てづくり村にて
c0170417_11122844.jpg

小岩井牧場に行きました。きれいな岩手山、高い空。
どの羊さんも笑っているように見えて、すごく可愛かった~!
(2008年9月)


その帰り・・・(click!!)
by mitsubachi-38 | 2009-03-27 08:15 | 岩手



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38