<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
こぎん模様の手ぬぐい
c0170417_11554087.jpg     青森県立美術館 × かまわぬ

     最初に出たのが水色。
     次(2008年)が茶色。
     今年はグリーン。

     青森らしく、こぎん模様の手ぬぐい。
     来年は何色かな。
     落ち着いたピンクなんかも可愛いなー。

     青森、また行きたいな。

by mitsubachi-38 | 2009-09-10 07:55 | 青森
「 te no te 」 と 「 Otoshi Bumi 」
c0170417_11391731.jpg
数日前、郵便受けをのぞくと、岩手からの封筒がふたつ。


てくり別冊 「 te no te 」 と 智穂さんの 「Otoshi Bumi 」でした^^


「 te no te 」
大沼道行さんの器、山本実紀さんの靴下、釜定さんのオイルパンなど、
私も使わせていただいているものも載ってて嬉しかった^^

「Otoshi Bumi 」
娘さんの版画と詩から始まり、智穂さんの文章、おすすめのものetc...
今回もとーーーっても素敵な一冊でした。毎回楽しみな冊子なのです。


何かを創り出せる人って、ホントにすごいと思う。
私には、自慢できる 「これ」 がないから。

家の周りのススキの揺れる音を聞きながら、鈴虫の鳴き声を聞きながら。
Dokushono aki---!!!
 
by mitsubachi-38 | 2009-09-09 08:25 | 岩手
イタヤ細工を習いに ②
午後からは枠の縁かがり。とっても重要な作業。
今回は初心者向けの少し簡単な方法を教えていただき実践。
それでもやっぱり根気と力のいる作業。形を整えながら丁寧にやっていき・・・
ついにできました~!手前にあるのが私作、奥のが友人作。感動です。

c0170417_1121816.jpg

もちろん熟練の職人さんとは比べものにならない出来ですが、
親切に教えていただいたおかげで、とっても素敵なかごができました。




c0170417_11173829.jpg
     春にこちらに伺った際に、
      いつか機会があれが教えていただきたい...とお願いし
      今回こうして素敵な体験をさせていただきました。
      楽しく会話をしながらできたおむすび入れは宝物です。
      
      秋田の伝統的工芸品イタヤ細工は、
      だんだんと作り手さんが減っているのが現状。
      でも、こんなにも素敵な工芸品なので、
      長く受け継がれていって欲しいです。
      私もまた機会があったら作りたい!何度でも~!!
      お父さん、お母さん、ありがとうございました^^
     

by mitsubachi-38 | 2009-09-06 12:46 | 秋田
イタヤ細工を習いに ①
c0170417_10205249.jpg
先日、とっても素敵な経験をしました。
イタヤ細工を作っている職人さんから、じかに作り方を教えていただき、
おむすび入れを作ることができたのです。


More
by mitsubachi-38 | 2009-09-04 08:24 | 秋田
いちじくのお菓子
地元の吉野屋菓子舗 さんは、いちじくを使ったお菓子で知られています。
中でも人気があるのは 「いちじく・オ・アマンド」 というお菓子。
しっとりしたマドレーヌの中にいちじくのジャムがはいっていて
私も時々おつかいものとして購入しているのですが、
そんな人気者お菓子の横に先日、目をひくお菓子をハッケーン!
HPに紹介されていないのがもったいないお菓子なんです。


c0170417_945529.jpg
これがそのお菓子 「いちじく最中」 (^-^)
なんてシンプルないちじくの形~!可愛いっっっっ♪♪♪
中はあんず色に近い、いちじくの餡が入っているのですが
いちじくのプチプチした種もすごーくいいのです。
甘さも控えめで、いっきにファンになっちゃいました。
正直、今までのこのお菓子の存在に気付かずにいた私。
もっと早く出会いたかった。というか、気付きたかった!

それにしても、見ればみるほど愛らしい・・・。
そして思い出すのは、いちじく浣腸(笑)


c0170417_9452160.jpg

       よぉぉぉく見ると、おしりにちゃんとシワが入っている(^^) 
       シンプルなようで細かなところまでこだわっているのね。
 
      
by mitsubachi-38 | 2009-09-03 07:46 | 秋田



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38