<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ルバーブ
毎年この時期になると思い出すのはルバーブ。
送っていただくようになって、もう何年になるかなぁ。

今年もよろしくお願いします、とメールしてそして届く。
次の日、レモンと小粒のイチゴとを買ってきてジャムにする。


c0170417_20574869.jpg
届いたばかりのキレイで立派なルバーブ。
毎年、あれもこれもとレシピを見るのだけど
結局いつも決まって全部ジャムになってしまう。
なぜって、ルバーブのジャムは美味しいから!
昨年、実家の庭にもルバーブの種を蒔いたのだけど
さすがにたくさんの量は収穫できないので
毎年送ってくださる方に、感謝・感謝です !(^-^)!


by mitsubachi-38 | 2010-05-31 21:15 | 日々のこと
急須
今まで急須というものを持ってなかった。
日本茶いれるのも紅茶と同じ、ガラスポット。
なんだか日本茶にはそれが味気なくて。
いつか素敵な急須に出会えれば・・・とずっと思っていたら
昨年、眞理さんの何度目かの器展で出会ってしまった急須。
その時は別の買い物もあり諦め、その急須に向かって
「ずっと売れるなよ~」 と念?をこめて帰ってきたのですがー。
その念が叶い、この度私のうちへ~ (^0^)


c0170417_951185.jpg
kiroroの歌じゃあないけどさ、
長い間、待たせてごめん、って気持ちで
まずは食器棚に置き眺める → そして煮る!!
益子焼(濱田窯)で、この湯呑みとお揃いなのよ。

で。ナイスタイミングで友人からいただいたのは
金沢の加賀棒茶とお菓子(糖菓子レモン)。
さぁ、今夜もまったりお茶っこしようぜよ娘達。


by mitsubachi-38 | 2010-05-27 19:36 | お茶の時間
仁別へ ...
c0170417_15121982.jpg
<秋田市仁別 ・ 藤倉水源地>

新緑のいい季節なので、緑を満喫しよ~う!と仁別へ行ってきました。
藤倉水源地 は一度間近で見てみたかったのですが、これがけっこうな迫力。
とても暑い日だったので冷たくて美味しいお蕎麦を食べたり、
山の奥の奥にある森林博物館をゆっくり見学したり、仁別を満喫しました。
ヘビにも遭遇。 ギャー!と叫び、気付けば娘をおいて逃げてた私・・・。
振り返ると、顔面蒼白で必死に後を追ってくる娘がいた・・・。ごめん。
ヘビでこの有様。これがクマだったら... 娘、クワレテマウヨー!!!!


More
by mitsubachi-38 | 2010-05-26 08:04 | 秋田
じゅんさい摘み
c0170417_1553428.jpg
    今年も摘みたてのじゅんさいを求めて
    三種町へ行って来ました。
    摘み採りをしていた方に声をかけて
    写真をとらせていただきました。
    初めて知ったのですが
    じゅんさい採りは船酔いするそうです。
    そして腰が固まってしまうそうです。
    ずっとこの姿勢ですものね ... 。
    そんな苦労あっての美味しいじゅんさい。
    早速、ちゅるっちゅるを味わってます!!
    東京の叔母にも秋田の旬を詰めて送りました。
    6月5、6日にはじゅんさい祭りもあるそう。





c0170417_15543273.jpgc0170417_1556748.jpg
左 : じゅんさいを採る船

右 : さっと熱湯にくぐらせると
   色鮮やかになります


by mitsubachi-38 | 2010-05-25 18:04 | 秋田
大いなる秋田
今朝の新聞に、「大いなる秋田・東京公演」の記事が載っていた。
小・中・高と、吹奏楽をやってたので 「大いなる秋田」 には親しみがあり、大好きな曲。

聞くだけもいいけれど、歌や演奏で参加するとまた格別。
数年前のこと ... 学生時代、一緒に吹奏楽をやってた友人を誘って
県音楽祭 の一般参加で 「大いなる秋田」 を歌った。
あの一体感!十数年ぶりの気持ちを思い出し、こみ上げるものがあった。

「秀麗無比なる鳥海山よ」 で始まる第3楽章の県民歌と
「朝明け雲の色映えて」 で始まる第4楽章の県民の歌の迫力さは本当に素晴らしいです。

そんな 「大いなる秋田」 の東京公演。
首都圏在住の県出身者による方々が楽曲を披露したそう。
故郷を懐かしく思う方たちの気持ちと会場の一体感を想像したら
胸がいっぱいになった。


c0170417_1322667.jpg
    私は生まれも育ちも秋田なので
     秋田を長く離れた事がない。
     物心ついた頃から鳥海山を見て育ち
     鳥海山に元気をもらい生活してる。

なーんて言うとものすごい年寄りみたいだけど、
「大いなる秋田」 は、秋田を誇りに思える曲だと
あらたてめ思ったそんな今朝の新聞記事でした。

by mitsubachi-38 | 2010-05-24 16:25 | 秋田
古い + ナンバー
c0170417_9271356.jpg
捨てられていた木製ハンガー、取得 (^^;


古い机や棚、イスなんかを、ちょこちょこと集めて自宅の小屋にためてたら
小屋にはもう入りきらず、できる限りの家の中でも使っているのだけど・・・。
実家の空き部屋にもこっそり運び込んで、ばれて親に睨まれてる。


けど近頃の古道具は私にとっちゃ、高くて安易に手が出せない。
安くて良いと思うものに飛びつくしか技を持ってない。値切り下手だし。
それかこんなふうに拾うか。 ( 拾う時はさすがに人目気になるけどねー)



c0170417_931124.jpgc0170417_9311964.jpgそんな中お手頃価格でみつけたアルミの缶たち。昔、お菓子屋さんでつかわれていたんだそう。どんなふうに使われていたのかな。
よーく見ると、1~4までのNOが押されてて、そこがまた可愛い。
このナンバー缶、今後の茶葉売りの際に活躍してもらう予定。


by mitsubachi-38 | 2010-05-22 07:46
曇りのち笑い
楽しい昼休みの終わりに、一緒にご飯を食べていた友人が、
「あー、今日は笑った!」 と言った言葉が嬉しくて
そのおかげで午後を気持ちよく過ごせた。

その後、帽子につなぎでペンキを塗ってるえなり君を見た。
今日もえなり君は笑ってた。

笑いが笑いを引き寄せた金曜の午後。
ブラボー!

c0170417_14514253.jpg

by mitsubachi-38 | 2010-05-21 18:13 | 日々のこと
愛されキャラ
年上なんだけど、年の差を感じさせない知人がいる。
別に子供っぽいとかじゃなく、なんていうんだろう。
憎めないキャラ、愛されキャラ?? ・・・その秘訣はやっぱり笑顔なんだろうなぁ。
なので私は密かに彼を (そう、男性)、えなり君と呼んでいる。
いや、実際背も高くて全然えなり君ではないんだけど、でもえなり君。
たまに出るちょっぴりオネエ系の言葉遣いとかも全然OK (笑)
実年齢を聞く度にビックリするんだけど、「歳の割に若い」ともまた違う、
相手をかまえさせないその雰囲気がなんとも和むのだ。



c0170417_11392294.jpg
きっとこちらも愛されキャラであろう。
<金沢・うら田  起上もなか>
親友が金沢に旅行に行くと言うのでお願いしちゃった。
甲斐みのりさんの「お菓子の旅」 で見て惚れたのさー。
甘さも控えめでとっても美味しい。
もなか達に囲まれていっこだけ入ってる
「加賀八幡起上り」 のお人形さん(右)は、
金沢の伝統工芸品で縁起がいいものらしい。

さぁ、お茶っこ、お茶っこ。
ほうじ茶いれよ~。


by mitsubachi-38 | 2010-05-18 17:41 | 日々のこと
チャーリーとチョコレート工場
が、だーーーーい好き。 (ちょうどテレビでやってます!)

このお話の存在を知ったのは十年ぐらい前。
私が育児書(?!)代わりにもしていた、銀色夏生さんの「つれづれノート」の中で。
銀色さんが海外旅行に行った時にTVでたまたま見た映画が 「夢のチョコレート工場」 で、
「つれづれノート」の中でとても楽しそうに映画の内容を書いていたので
私までどうしようもなくワクワクして図書館に本を借りに行き、
まだ小さかった娘に読んで聞かせた記憶が。
もうとにかく楽しくて、物語の中にどんどん引き込まれて行く。。。
なので数年前にまた映画になると知った時、ものすごく興奮したのを覚えてます。
映画が公開になるのが待ち遠しくて試写会に応募したら当選し、
以来、何度も見ている映画。

そしてこの物語を知るきっかけになった「つれづれノート」は、今も新刊が出るのが楽しみ。
本屋で、そろそろ出てる時期かな~と銀色さんのコーナーをのぞくとあったりする。
詩集ももちろん好き。
by mitsubachi-38 | 2010-05-15 22:03 | 日々のこと
東京みやげは憧れの。
娘、修学旅行より無事帰る。

東京土産はこれ。

c0170417_1419877.jpg

ローザー洋菓子店のクッキー!

More
by mitsubachi-38 | 2010-05-13 18:12 | 東京



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38