<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
休日のこと
昨日、能代に向かう国道を車で走っていると、道ばたの墓地で墓石にむかい
一生懸命にサキソフォンを吹いているおじいさんを見た。
窓から入ってきたその音は、覚えたてという感じだったけれど
なんだか映画みたいな光景で、とても素敵な一コマでした。
誰に聞かせていたのかな...

ちょうど私たちもこの3月に他界した祖父のお墓参りに行く途中だったけど
あとから考えてみるとお墓の前で楽器を吹くってことはちょっと勇気のいること。
なだけに、考えれば考えるほど、素敵な光景だったなぁと思う。
そんでもって、勇気はいるけど、すっごい気持ちいいんだよね、外での演奏。
小学生の頃、二ツ井のきみまち坂でフルート吹いた事を思い出した。
あのフルートの音も、昨日のおじいさんと同じ、覚えたての音だったなぁ。

能代の祖母の顔を見て、東雲うどんをごちそうになり
帰りには前から行ってみたかった白濁の温泉に寄り道。
このところ、毎日があっというまで疲れ気味の体に、硫黄のお湯が気持ちよく
100%掛け流しの効果か、すべすべになった手に満足した休日でした。
湯は、ええのぉ。
by mitsubachi-38 | 2010-10-25 20:06 | 日々のこと
爽やかな器で、秋らしいお茶を
c0170417_9403574.jpg
最近のお気に入りの器のひとつ。
形も大きさも、チョコミントみたいな色合いも好きだなぁ。
カップの手に包み込んだ時の感じもちょうどよくって、好きです。
前にお友達からもらっていたteteriaの紅茶、ついに封を開けました。
書いてあった通り、ストレートで飲むと渋いのに、ミルクを入れると・・・
こっくりと、まろっと (うまい表現できない~) おいしいっ!
大好きな友人たちにふるまいたいっ。 Sチャン、どうもありがとうね ^^

朝からおいしい紅茶で、気分も爽やかまろやかになり、
このところ元気にしてるかなぁと気になってた友人へ電話をしてみた。
春にちょいと離れたところへ引っ越した彼女、
「もしもーし!」 と、いつもの元気な声で出た! よかった ^^
「忘年会をしよーぜー」 と、ゆる~い約束をして電話を切りました。
なんだか 「チョコミント」 みたいな気分だった一日の始まり。
いいな~、好きだな~。

by mitsubachi-38 | 2010-10-20 16:49 | お茶の時間
一戸へ
昨日、岩手県一戸町まで、竹細工を求めて行ってきました。
本荘から一戸はさすがに遠かった ・・・。
と言いつつも、普段は1分でも多く寝ていたいところ、
シャキーン!と起床、6時40分には家を出れたというから
好きなものを追うパワーってやっぱりすごい。

まず向かうは仕入れの友、Mさんち。
そして盛岡から高速に乗り・・・おしゃべりに夢中で一戸ICも通過・・・。 (運転手はワタシ)
しかもMさんがトイレ休憩を申し出てくれなかったら、そのまま青森まで行ってたね!
2人の旅にはこういったことがかなりの確率でつきもの (笑)
だってさ~、ナビが何も言わないんだも~ん。 これも今始まった事じゃないけど・・・

そんなこんなの珍道中でなんとか無事に一戸に到着。
午前中はMさんが連絡をしてくれていた、柴田恵さんの工房を訪ね
午後からは小岩井のクラフト市でお会いしていた、上平竹細工店さんへ。
作り手さんと会うこと、話をすることって大切なことだなぁとつくづく思いました。

その他、一戸手技工芸館や、はちみつ屋さんへ行ってるうちにもう夕方。
あっという間に一戸での時間が過ぎてしまいました。

一戸で作られた鈴竹の竹細工、椀かごや持ち手付きの盆ざる、
上平さんが作られた横田かごなど、素晴らしい手仕事の品は
「いろは 十一月の雑貨店」で並びますよ。

一戸・・・祖母の故郷ということで、子どもの頃に一度行っただけのところ。
子どもながらに「とりごや」というところに行ったという記憶があるのですが
今思うと、「とりごや」ではなく「とりごえ」だったのね~。


c0170417_2156539.jpg
びゅーんと行ってびゅーんと帰ってきた14時間の旅。
今度行く時は、ゆっくりと下道の風景を楽しみながら、
寄り道したり ・・・できれば泊まりで行きたいなぁ~
なんて思いながら、夜は爆睡でした。 Zzz...
・・・最近、かーちゃん(私)は、ちょっとハードなんですわ。
けど、こうしてハードながらも毎日をこなせているのは、
親と娘の理解があってこそ。感謝してます。

← 一戸町の物産パンフレット。とっても素敵なんです!
  手技工芸館でいただいてきました。

by mitsubachi-38 | 2010-10-18 22:02 | 岩手
休日みたいな朝でした

c0170417_10151788.jpg

数年前から娘達の学校は2学期制になったので、
この時期、ほんの少しだけ、「秋休み」 なんてものがあります。

平日なので私は仕事だったけど、いつもよりもわずかながらゆっくり過ごす朝。
東京と千葉から秋田の我が家へ来てくれた器たちで朝食です。
くるみの木のトレー、カップ、ティーコゼー、ミルクピッチャーは
どれも旅の前に、出会えるといいなと思っていたものなので
実際に見て、触れて、選べた事がすごく嬉しい。

ヨーグルトに添えたジャムもずぅっと憧れだったエバさんのジャム、
パンにはitonowaさんのジャム。ジャムは大好き。
いろんな果実のジャム瓶は並んでいると宝石みたいにきれいだし
食べても嬉しいし、幸せの詰まった食べものだと思う。

紅茶に楽しそうにミルクを入れ、一口飲んだ娘が、
「ん!しょうがだね?!」 と得意げに言う。 利き酒ならぬ、利き紅茶。
ジャンジャンブル(フランス語で生姜)というネーミングのこの紅茶、
「いろは 十一月の雑貨店」 でお試しいただけますよー。

by mitsubachi-38 | 2010-10-08 23:35 | お茶の時間
東京 ・ 千葉 二日目。
二日目も快晴! 
おいしい朝ご飯を食べ、カフェに出勤の咲ちゃんをお見送りし、私も出発。

この日は、千葉在住の大好きな器作家さんの工房へおじゃまさせていただきました。
最寄りの駅まで迎えに来ていただき、ハジメマシテのご挨拶。
とてもキレイな方で、私、ドッキドキに緊張~!

そして可愛い子猫ちゃんのいるご自宅におじゃましました。
大好きな作家さんご本人にいれてもらったお茶を
ご本人が作ったカップでいただけるなんて、すごい贅沢・・・。
心地よい緊張感の中で時間が過ぎていきました。

工房も見せていただきました。
ここであの可愛い作品が作られているんだなぁと思うと不思議なきもちで
作り出す人ってすごいなぁって、改めて思ったり。
窯に火をいれると、温度計が振り切っちゃう程の暑さになるという工房で
ひとつひとつ作られている器を、大事に大事にしようと思いました。


c0170417_1512516.jpg

千葉で見た大きな木。
こんな素敵な木がおうちの前にあったら
いいだろうなぁ。
茹でてマヨネーズつけたら美味しそう・・・
って、ブロッコリーじゃないんだから!!

それにしても、一体、何の木なんだろう。
気になる~。


そして会話の中で、急遽あるお店に連れていってもらえることになりました。
実はそのお店も行ってみたいなぁって思っていたところ。
でもまさか今回行けるなんて思ってもいなかったから、嬉しさも2倍!
何から何まで本当にありがとうございました ^^
ますます忙しくなると思いますが、またいつかお会いできたら嬉しいです。
秋田に、今度は修行ではなく美味しいものを食べに来てくださ~い!
美味しいお酒も~!!


********************************


千葉から東京へ戻り、東京を横断して立川へ。
そして国立、吉祥寺と私の冒険は続き、夜7時、兄夫婦と合流。
タイ料理のお店に連れてってもらいました。
食事と買い物で、胃もカバンの中も満たされた私、お財布だけが寂しくなってたり (笑)
いーんです、10年ぶりの東京です。大目にみてください。


c0170417_15162245.jpg
お茶とお菓子 「横尾」  に入ったのは暗くなってから。
チコリのアイスカフェオレととろとろ牛乳ゼリー。
冒険しまくりの私の胃に染み渡る美味しさ。
吉村和美さんの器、実際に見たのは初めてでした。
きれいなブルー。ぽってりした厚み。素敵でした。

そして兄のお嫁さんの7ちゃん。
小姑に素敵なおもてなしをどうもありがとう!
異国のような新居やあちらこちらの金木犀の香り、
豪華なトイレも今回の旅のいい思い出だよ~。



More
by mitsubachi-38 | 2010-10-08 08:26 | 東京
金木犀
c0170417_12113461.jpg
お昼休み。

パンを買いに売店へ行ったら、一瞬ふんわりと、大好きなあの香り。
「金木犀、ないですよね?」 と聞いたら ... ありました。
レジの横にこっそりと、ひと枝。
そして、「香りも今日明日のものだろうから持ってって」と、
花瓶ごと貸してくれました。嬉しい~♪

この香りを金木犀と知ったのは、高校を卒業した歳の頃でした。
社会人になりたての秋の仙台で。
あの秋の日を思い出しながら、金木犀の香る机で過ごした午後でした。



c0170417_1321454.jpg
3年半ぶりにめがねを変えました。
紺色のシンプルなフレーム。
そして、ここ数年の歴代めがねを並べたら、
赤、青、黄色でした。
信号だね~。青は 、進め、 だね~。

by mitsubachi-38 | 2010-10-07 16:26 | 日々のこと
東京 ・ 千葉 一日目
東京から帰って早数日・・・
あっという間に時間が過ぎてって、もっと時間が欲しいと思うのは
とにかく時間さえあれば睡眠に当てているからでしょう。 うん、間違いないね
忘れぬうちに、ものすごく濃厚で、冒険だった3日間の覚え書き。

1日目は91歳の祖母を秋田から連れての飛行機移動。
90を過ぎても飛行機に乗って東京へ行きたい!という祖母にアッパレよ。
可愛い孫っこの結婚式だもんね♪行きたいよね~! でもさすがに疲れてたっけな (^^;

東京に着き、叔母の元へ無事に祖母を託し、私は友人と待ち合わせの上野へ。
blogで知り合って4年目になるSちゃんとはハジメマシテです。
もう、何度も何度もやりとりをしているので、初めてなのにそうじゃないような。
そんなSちゃんとするりとうちとけ、いろいろと案内してもらいました。
スカイツリーも見せてもらえて、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました・・・。
Sちゃん、ほんとにたくさんありがとう、私もまた会える日を楽しみにしていますね!

c0170417_15222726.jpg
Sちゃんに連れてってもらったお店
・ itonowa
・ in-kyo
・ ヒナタノオト
・ Syuro
・ zakka
・ CINQ




********************************


Sちゃんと別れたあと向かったのは、千葉。
千葉には叔父夫婦と従姉妹が住んでいて、その日泊まらせてもらいました。
従姉妹の咲ちゃんは千葉の南流山で Kaffe Lotta という北欧カフェをやっていて、
今回、念願叶って咲ちゃんのカフェにも行くことができました。 ずっと行ってみたかったんだぁ~
咲ちゃんの作ったケーキ、すっごいおいしかったぁ。
従姉妹同士と言っても、千葉と秋田でそんなに会った事のない私たち。
今回も、14~15年ぶりに会ったのに、夜のファミレスでいっぱいおしゃべりできて
たくさんの元気と勇気をもらいました! 
咲ちゃん、ありがとう♪ 叔父さん、叔母さんもありがとうございました ^0^


c0170417_15293046.jpg
        北欧カラーあふれる、Kaffe Lotta の店内。
        ここにいるだけで元気になれるような明るいカフェでした。
        そして、それに負けないぐらいの咲ちゃんの笑顔!
        Kaffe Lotta は、千葉県流山市南流山1-7-6
        ドゥリエールビル2F にあります。駅からすぐ!です。

        こうして1日目は東京をかけめぐり、千葉泊。
        温かいお風呂を用意してもらい、夜はぐーっすり熟睡。
        普段から運動不足なので、筋肉痛防止のため
        念のためにと持って行った湿布も大活躍でした~。

by mitsubachi-38 | 2010-10-06 20:24 | 東京



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38