アル・ケッチァーノの小枝塩
c0170417_14365294.jpg

タイム(ハーブ)の小枝に塩を結晶化させたという、小枝塩は
伊藤まさこさんと渡辺有子さんの「かわいくておいしい」で知りました。
山形県鶴岡市の「アル・ケッチァーノ」というレストランで使っているそう。
全国からお客さんが集まるというそのレストラン、
私も数年前に初めて行った時、美味しさに感動しました^^

c0170417_14373626.jpg

よーく見ると、四角い塩の結晶がとてもキレイ!これは芸術!!
鶏肉に塩こしょう、ニンニクをすりこみ
お肉の両面に焼き色をつけたら小枝塩をパラパラ。
あとはトマトの水分だけで煮込みました。
ほんのり香るタイムとシンプルな味付けがヨシ!

# by mitsubachi-38 | 2009-04-27 19:14 | 山形
ある日のカップと紅茶
定額給付金で我が家が購入したもの ... それはガスコンロ!!
もうず~っと買い換えたくて、色々と迷って決められず、
見た目を重視にすると魚焼きグリルがついてないものだったり
でも焼き魚はやっぱり食べたいし ... で、また悩んだり。
やっと「これにしよう」と決まった矢先の定額給付金。
買い換えたものはガラストップで五徳のないタイプ。
これからは掃除も楽になるな~と、とっても嬉しいです♪

c0170417_14534011.jpg
フィッギオの Anne Marie(アネマリエ)は
marimekkoを思わせるとてもcuteなカップ。
見ているだけで元気になれます。
紅茶はマリナ・ド・ブルボンの MENUET(メヌエット)。
アプリコットとピーチの香りに花をmixしてるそう。
色々な花が咲き始めるこの季節にぴったりのカップと紅茶♪


# by mitsubachi-38 | 2009-04-16 18:40 | お茶の時間
「おくりびと」 の風景
昨年の9月。
パタパタと仕事へ行く準備をしながら見ていた「めざましテレビ」に
見慣れた山の風景が映っていました。
映画「おくりびと」の特集でした。

秋田と山形にまたがる鳥海山。
別名、出羽富士とも呼ばれる山で、出羽富士というだけあって
堂々とした独立峰なだけに、その姿にはいつも励まされます。

そんな鳥海山をバックにして、本木さんがチェロを奏でる姿。
そして、庄内弁でうたわれるAIさんの歌に、涙が出そうになりました。
なので映画が公開になってすぐに見に行きました。
もう何度も足を運んでいる山居倉庫や、友人の住む町の駅のホーム、
そして雄大な鳥海山がスクリーンには映っていました。

ロケ地となった山形県の庄内には、数年前にblogを通して出会った、
大好きな友人達が住んでいます。
そんな友人達との出会いをきっかけに庄内へ足を運ぶことも増え、
秋田から見る鳥海山と、山形から見る鳥海山、ふたつの美しさを知りました。


アカデミー賞をとってすっかり有名になった「おくりびと」、
物語もそうですが、美しく温かみのある山形の風景も素晴らしい映画です。


c0170417_10352025.jpg
             今年の元旦、天気も良かったので
             初詣は酒田市まで足を延ばしました。
             主人公・大悟の勤めるNKエージェントは
             元割烹料亭だった、趣のあるとても素敵な建物です。
             現在、この建物の中身をロケのセットを再現するという
             工事も進められているそう。周囲の町並みも好き。
             映画を思い出しながら、ロケ地巡りもしてみたいです。


# by mitsubachi-38 | 2009-04-15 08:25 | 山形
ある日のカップと紅茶
c0170417_1726213.jpg
小粒の苺が安かったので、ジャムを作りました。
夜遅くに開始したジャムづくり。毎度のレシピが決まっているので楽ちん。
不揃いの苺たちも、ジャムにするとツヤツヤの美人さんに変身!
嬉しい事にたくさん作ってもどんどんなくなってく手作りジャム。
なので「保存食」と言うほどでもなく、砂糖も控えめでOKなんです。
トーストに、クリームチーズとジャムをたっぷりとのっけて!



c0170417_7521350.jpgこの日は、アラビアの100周年モデルのカップで。
紅茶は、ジャムに合わせてル・パレデテの ワイルドストロベリー
野いちごの甘酸っぱい香りがする紅茶。
ミルクを入れると、まろやかになって好きです。
苺ジャム。不揃いの苺が安いのは嬉しいけれど ...
最近ニュースで取り上げられている「ミツバチ」の減少、
とても気にかかります。心配 ... 。


# by mitsubachi-38 | 2009-04-14 07:54 | お茶の時間
イタヤ細工
c0170417_17432454.jpg
< 角館で購入した四つ目編みのおむすびカゴ >

秋田県伝統的工芸品「イタヤ細工」は藩政時代の農具から発達したものだそうです。
昭和になり農業の機械化が進み需要が削減、現在は3,4軒が専業で作られているそう。
実際に作っているところを見させていただくと、より一層大切にしようと思います。



c0170417_1864060.jpgc0170417_1864586.jpg
対のイタヤ狐さん。
どれにしようか迷っていると
「くっつきすぎず離れすぎず、
この狐がいいな」と、
選んでくださいました^^
作った方のイチ押し狐さん。
確かに、後ろ姿も良いのです。
大きめなので飾り用に ... ☆  


c0170417_18184379.jpg
     おむすびカゴには、蜜ロウキャンドルを入れました。
     北欧のものとも相性がよく、カップ&ソーサーの棚に並べる事に。
     そうそう、今まであまり気にしなかったのですが、作られる方によって
     おなじイタヤ馬やカゴでもその方の特徴がある事に気付きました。
     
     + 作られている方から品物を購入できた事を幸せに思います +
     


# by mitsubachi-38 | 2009-04-13 17:29 | 秋田



暮らしの道具と紅茶     みつばち
by mitsubachi-38