イタヤ細工を習いに ②

午後からは枠の縁かがり。とっても重要な作業。
今回は初心者向けの少し簡単な方法を教えていただき実践。
それでもやっぱり根気と力のいる作業。形を整えながら丁寧にやっていき・・・
ついにできました~!手前にあるのが私作、奥のが友人作。感動です。

c0170417_1121816.jpg

もちろん熟練の職人さんとは比べものにならない出来ですが、
親切に教えていただいたおかげで、とっても素敵なかごができました。




c0170417_11173829.jpg
     春にこちらに伺った際に、
      いつか機会があれが教えていただきたい...とお願いし
      今回こうして素敵な体験をさせていただきました。
      楽しく会話をしながらできたおむすび入れは宝物です。
      
      秋田の伝統的工芸品イタヤ細工は、
      だんだんと作り手さんが減っているのが現状。
      でも、こんなにも素敵な工芸品なので、
      長く受け継がれていって欲しいです。
      私もまた機会があったら作りたい!何度でも~!!
      お父さん、お母さん、ありがとうございました^^
     

# by mitsubachi-38 | 2009-09-06 12:46 | 秋田

イタヤ細工を習いに ①

c0170417_10205249.jpg
先日、とっても素敵な経験をしました。
イタヤ細工を作っている職人さんから、じかに作り方を教えていただき、
おむすび入れを作ることができたのです。


More
# by mitsubachi-38 | 2009-09-04 08:24 | 秋田

いちじくのお菓子

地元の吉野屋菓子舗 さんは、いちじくを使ったお菓子で知られています。
中でも人気があるのは 「いちじく・オ・アマンド」 というお菓子。
しっとりしたマドレーヌの中にいちじくのジャムがはいっていて
私も時々おつかいものとして購入しているのですが、
そんな人気者お菓子の横に先日、目をひくお菓子をハッケーン!
HPに紹介されていないのがもったいないお菓子なんです。


c0170417_945529.jpg
これがそのお菓子 「いちじく最中」 (^-^)
なんてシンプルないちじくの形~!可愛いっっっっ♪♪♪
中はあんず色に近い、いちじくの餡が入っているのですが
いちじくのプチプチした種もすごーくいいのです。
甘さも控えめで、いっきにファンになっちゃいました。
正直、今までのこのお菓子の存在に気付かずにいた私。
もっと早く出会いたかった。というか、気付きたかった!

それにしても、見ればみるほど愛らしい・・・。
そして思い出すのは、いちじく浣腸(笑)


c0170417_9452160.jpg

       よぉぉぉく見ると、おしりにちゃんとシワが入っている(^^) 
       シンプルなようで細かなところまでこだわっているのね。
 
      
# by mitsubachi-38 | 2009-09-03 07:46 | 秋田

大暮山分校

子供の頃から、なぜか古い木の校舎が大好きで、
家族で遠いところに出かけたときも
木造校舎があると父に車をとめてもらい、
校舎を眺めるだけで嬉しい気持ちになったことを覚えています。

前にこのblogにも書いた、山形県の 大暮山分校 のこと。
とうとう、その分校の解体が始まってしまったそうです。

昨年訪れたその場所に、今年の夏、もう一度行きたかったのですが
結局行けずに夏が終わってしまいました。

分校で毎年夏に開催されてきた 白い紙ひこうき大会のblog
大会実行委員長の安藤さんが撮した写真や
そこに添えられた安藤さんの一言一言が胸に染みて
涙がこみあげてきました。


c0170417_20533618.jpg
    分校の2階の窓から楽しそうにシャボン玉を飛ばす
     子供達のいい顔、今でも思い出します。

     うまく言葉にできないのがもどかしいのですが、
     大暮山分校は、日本一幸せな校舎だと思います。

# by mitsubachi-38 | 2009-08-31 20:57 | 山形

岩手 鈴竹の椀かご

我が家の台所はとても小さなスペース。
なので洗い物の水切りカゴは数年前から使っていなくて
ここ数年は琺瑯のボウルやバットを代用して使ってました。

他に何かいい方法はないものか・・・と思い続けていたものの
使い勝手の良さそうなものはそれなりの値段もするし
「これ!」と思えるものにも出会えずにいたのです。

それが最近、今まであまり意識しなかった「椀かご」が気になりだし、
岩手の方が作られた鈴竹の椀かごが我が家に。
しっかりした編み目、すごくきれい。
水きれも良く、毎日のお皿洗いが楽しくてたまりません。

c0170417_17405494.jpg
この椀カゴ、購入したのは近所の商店。
竹や蔓で編まれたカゴやざるなどが並ぶ
小さな商店があるのです。
店主は80歳を超えられたおばあちゃま。
そしてお値段ビックリ、2,000円!! 良いのでしょうか~!!
ネットじゃどこもこの倍ぐらいのお値段でしたよぉーーー!!

「最近は作り手さんが少なくなってねぇ・・・」とのこと。
会計の時、おばあちゃまもあらためて、
このカゴの編み目に惚れ惚れしてました。


# by mitsubachi-38 | 2009-08-27 17:42 | 岩手

暮らしの道具と紅茶 みつばち


by mitsubachi-38